清く正しく美しく

しょうかっこう、、そして久しぶりに思い出したこと。


クライアントさんの施術が終わった後、どんな感じでしたん?て聞くこと(答え求めてるわけでもなくなんとなく)聞くことあるんですが、あるクライアントさん、もう10シリーズ終わってから、、どれぐらいだろう?3、4年くらい経つのかな、、だいたい月1回くらい施術継続しています。10シリーズ終わってから継続する方は、わたしのところでは少ないですが、何人かいらっしゃいます。

 

ロルフィングとロルフィングのその後って、どういう感じなの?というお話をまず少ししよかな。

 

まあ、もともとロルフィングの10シリーズって10回で完結して、体が整うのです。私からだけではなくどのロルファーさんから受けてもその効果あると思います。10シリーズの各回にはテーマや目的やテリトリーがあって、それを積み重ねると体が整って行く。みなさん経験されると思います。そして、、その後、ロルフィング的には、10シリーズで完結して体が整う。そこで終わり、得られた変化は失われない。

 

ですので、完結後にしばらく時間が経ってから、、私のところに受けに来られる方、たまにいらっしゃいますが、みなさん共通するのが、『特に何も悪いところはなく、調子がいい。なんの問題もないが、なんとなく、来ようとおもった。』とか、『また受けに来ようかと思っていたけど、いつの間にか時間が経った。調子はとてもよい。」』という方が例外なく、です。だいたい、久しぶりに来られる方って、2〜3年経ってから来られる方が多いです。

 

確かに、変化は失われず、。みなさん調子がいいようですね。

なので、”ロルフィング的”には、10シリーズ完結したら、そこで終わり〜。さよなら、という感じなのですが。

 

 

では、一方で、、10シリーズ完結後も継続して受け続けられる方もいます。だいたい月一回のペース、そしてたまに月二回とか、、という方が多いです。それは、ロルフィングではなく、ロルフィングのその後、です。そこで、何が起こって行くのか?みなさん、共通するプロセスがあるように思います。

 

やっぱり、体の変容の可能性はすごいと思います。いろんな側面があり、体を動かすことが好きな方はパフォーマンスがどんどんよくなって行く、とか、日々の体の使い方、そして、メンタルが安定したり、細かいことを気にしなくなったり、考えることが変わっていたり、世の中の動きや世間の動向にそれほど影響を受けなくなってきたり。

 

そこで、共通することがあるように見えるのですが、それは、10シリーズのプロセスでも起きていたこと。それが、”制限のない世界”で起こってくる。(※10シリーズにはテーマや目的、テリトリーがあったので、それは、逆の意味では”制限”、範囲、の中で起こってくる流れです。そのロルフィングとして決められた”道”を進んでいくと、各テーマを通り過ぎ、それを経験することで、体は重力と調和する、体が構造として整って行く、、というのが、ロルフィングです。)

 

では、その制限のない世界で、起きてくること。それを表現するのなら、ミッドラインの流れがクリアに、滞りなく、、尾骶骨〜頭頂まで通り抜けて行く、その方向に向かっていきます。(※それは10シリーズでも体験されたことですが、10シリーズの設定というか前提はそのプロセスにはテーマがあり、それに沿って行く、、ということ。しかし、10シリーズ完結後のその後は、その設定が取り外され、何がその場を保持するのか、、というと、テーマや目的ではなく、もっと、、生命の流れを司る叡智、です。それに従って、施術をすること。つまり、頭や理論ではなく、、頭の知らないこと、ハートに従うこと。です。)

 

つまり、図解的にいいますと、

 

病変、歪み、トラウマ、、体に留まっている生命の波を遮る”リージョン”を、、示される、、解消される準備ができたものから順番に、、導かれるままに解消して行く、、すると、遮られていたミッドラインの流れが回復して、、さらにその先にまで流れが増して行く。本来のありように。(生まれたばかりの赤ちゃん。赤ちゃんがやってきたところ。のように。遮るもののない光。)

 

すると、何が起こってくるのか。エネルギー的に見ると、下からの流れは、、体が整うに従ってより調和し、、繊細な上への流れになって行く。それは、ベース、仙骨、、太陽神経叢、、ハート、喉、頭頂、、へと。

 

ある時期、

太陽神経叢からハートへの移行。

 

世界がシフトします。感じることが変わります。考えることが変わります。

 

※それが、ロルフィングのその後、、です。もちろん10シリーズ中にもそれは起こりますが、ロルフィングの10シリーズでは体の構造全体がシフトする情景が予めある程度わかっています、、ロルフィングのレシピによって体やそのあり方の段階が引き上げられ(?)シフトしある地点に到達する。そして、その先には制限のないもっと知らない世界が広がっている。そんな感じでしょうか??

 

 

さて、先日のクライアントさま、、3〜4年くらいかなあ?月一で来られていて、、つい先日こんなコメントをくださいました。それ、わかりやすいな〜。という感じがしたので、、

 

『小確幸』という感じがある。と。小確幸(しょうかっこう)って村上春樹さんの言葉らしいですが、なんとなくお話を聞いていると、おおげさなとか大きなとかわかりやすいとかすごいうれしい!とかそういうのではなく、なんかわからないけど、言葉にすると、、小確幸、て感じ。体の中にふわってだけど確かな幸せがある感じ。という、、。

 

小確幸、そういうのが、体に自然と残っている。そういうこと。

それが、太陽神経叢ではなくハートの感覚なのかな。

 

わいわいしたり、すごいうれしかったり、みとめられたり、人を感動させたり!

そういうのは、たぶん太陽神経叢のレベルのもので、もちろん嬉しいし好きだけど、すぐに消えてしまったり、物足りなくなって、もっと欲しくなる。あるいは、、とても好きで、尊敬していて、、みたいな感じから、真逆に振れる。振り子のように、プラスはその分だけマイナスに、急に振れる。それが、太陽神経叢的な、感情的な、、喜びの特徴です。

 

そこでは本当のことは起こらない。本当のことはわからない。自分の内側の、トラウマと混沌の世界で作り上げられたもの、その内側で。

 

それは、満たされず、失われ、、逆に振れる。だから、より混沌としたり恨みとか、あるいは、鬱とか、、そして、それを満たそうという時、あるいは、その恨みを晴らそうとする時、相手から吸わなければならない!だれかから。吸った/吸われた、その領域、永遠のループ、終わらない。その領域に立つ時、、もうそのゲームは、その奪い合いは、殺し合いは、、もういいや。

 

体が変わり、、精神が変わる、、。強烈に吸い続ける、、引き寄せる太陽神経叢の、、悪霊たち。そこから離れる。それは、どこかでご自身の選択です。悪霊と結びつき、恨みの世界、、自己の作り上げた内側の世界、から攻撃と、混沌の世界から、はなれ、決別し、、それは、ご自身の選択。

 

もう、そこは通り過ぎる。

 

太陽神経叢からハートへの移行。

 

ハート、、理屈のない、、幸せ感。質が違う。それは、新しく植えつけられたものでももらったものでもなく、初めからそこにあったもの。遮っていた不純物が浄化され、現れてきた純粋。あなたの本質。

 

 

感情の渦と、日常の苦しみ、、幸せになりたい。そこから、注意がシフトする。

ふと感じる、、しょうかっこう。そういう風に、シフトして行く。