清く正しく美しく

なにもできなくなってしまったとき。久しぶりに思い出したこと。


むかーし、もう削除してしまったブログに書いたことありますが、小確幸について思いを巡らしているうちに、、久しぶりに思い出しました。

 

友達に教えてもらった曲ですが、こんなのあったんだ〜。※久しぶりに聴くと当時の感覚とは違うけど。。

 

『なにもできなくなってしまったときは

清く正しく美しく。』

 

 

もう最後の最後、、あがきあがいて、、それでも、、もうだめだ。。

なにもできなくなってしまったとき、

清く正しく美しく、

それは、自分の外側(世間や社会、正しさの基準、、)にある正しさや美しさや、、無意識にやっている、、求めていたり、探していたり、、他人基準の、なにものか。そういうものが、、消えて行く。

 

清く正しく美しく。

 

そのありようは、もともとそこにあったもの。自分の本来の姿の中心に。

清く正しく美しく。

 

それは誰に決められたものでもないそこにあるもの。