物理的な手技療法

フィジカル(肉体)の歪みを解消するには物理的に3つの方法があります。


簡単に説明すると、

  • 直接歪みを治す方法

一般的な整体やマッサージなどの方法ですね。たとえば、硬くなったところを力をかけて柔らかくする。曲がったものをまっすぐになるように、力をかけてほぐして真っ直ぐにする。という方法。筋肉などの組織に直接力を加えて変化させる方法。

  • 間接的に歪みを治す方法

たとえば、衝撃などを受けて、その部分が歪んでいる場合、元の真っ直ぐの状態に戻そうとするのではなく、曲がりをより強調させる方向に力をかけて待っている。たとえば、手首が通常より左に曲がっていたら、より左に曲がる方向に力をかけて待っている。すると、、神経系のリセットがかかって、曲がりは治る。神経系にアプローチして治す方法。

  • 中間のバランス点で治す方法

歪みを戻そうとするのでもなく、それを強調させる方向に力をかけるのでもなく、ちょうどその中間、、なにもテンションがないニュートラルな場所でしばらく待っていると、、いろんなことが起こり、、歪みは治る。たくさんの、、ことが、体が自己調整をする場所で、治る方法。

 

大きく分けると、この3つの方法があります。私のロルフィングでは、軽く触れるだけのスタイルで施術をすることが多いですが、それは、3つ目のバランス点で治す方法を、とても繊細にワークしているからです。もちろん、この3つの手技に優劣はなく、必要に応じて選択する、ということになります。わたしも、しっかりと触れたりある程度の圧力を使うことは、必要とされているのならば、もちろんあります。