ロルフィングの解説

※入門的な解説は「初めてロルフィングを知った方へ※ロルフィングの全体像は「ホーム」ページへどうぞ。


 

 「重力と調和」したバランスの身体を獲得するために 

「決められた順序」で変化を積み重ねていく

「全10回で完結」するボディーワーク(マッサージベッドでの施術)です。

 


 

  • ロルフィングは問題の部分だけを治そうとするのではなく、身体全体の調和を目指します。

 

  • 身体のバランスが整った時に『自然と起こる』治癒、それと同時に起こる様々な気づきと成長を促す10回完結のシリーズです。

 

  • それらは体調や心理的な変化など、あらゆる領域に反映されていくことがクライアントさまから報告されています。

※詳しくはRolfingの観点と解決策」、ロルフィングの特徴」、「体験記」ページをどうぞ。



各セッションには目的がある

 

  • 論理的に全10回で構成されています。

     

    身体「全体」を全10回に分けて扱っていきます。前回のセッションは次への布石となり、相互に関連していきます。全10回でひとまとまりの物語であるかのようです。

     

  • ロルフィングとは目的を持ったセッションを積み重ねるワークのことです。

     

    セッションの目的を達成するための手技はロルファーにより異なります

    強い持続圧を用いるロルファーが一般的ですが、私は軽く触れることで内側からの変化を促す手技を用います。そのため痛くはありません。


※皮膚をスライドさせる手技を用いるロルファーの中には、痛くない程度の圧力を用いる方もいるようです。個々人の手技には合う合わないがあると思います。まずは受けたいと思うロルファーのセッション1を受けてみるのもよいでしょう。


常に全体性、関係性、繋がりを考えている

 

  • 身体の一部だけを変えてもすぐ元に戻ってしまいます。

     

    痛みや問題の箇所だけを扱っても解決しません。重力下で一部だけを変化させてもすぐに元のバランスに戻ってしまいます。

     

    ↓ つづきを見る

    例えば、肩こりをほぐすことを考えてみましょう。

    肩が凝っているとき、身体は重力下でバランスをとっています。そのときの肩は、もしかしたら足首の位置を補いバランスするためにそこに位置しているかもしれません。凝っている肩をほぐし、その部分だけの位置が変わるとき、もともと対になってバランスをとっていた足首が元のままならどうなるでしょう?

    重力下で日常生活を送るとき、身体はバランスを取ろうとベストを尽くします。考慮されなかった足首のバランスを補うために、再び肩は元のバランスに戻らざるを得ないでしょう。

    ロルフィングでは特定の部分だけを扱うのではなく、複雑に補い合っている部分が重力下でバランスされるように、「全身」をバランスよく全10回のセッションに分けて扱っていきます。

     

  • ロルフィングで得られた変化は、元に戻りにくいと言われます。

     

    身体の一部を変化させた場合では、時間の経過と共に元に戻ろうとする力が働きます。これは身体が重力下でバランスをとろうとするために起こります。

    しかし、ロルフィングでは全体を考慮しているため、受ける前に持っていた古いバランスから「新しいバランス」に身体の構造が移行しています。ここでバランスされた身体は重力と調和しているため、元に戻ろうとする力が働きにくくなっています。

     

  • 痛みや問題の箇所はあらゆる部分のバランスの結果であり、問題は別の箇所に存在します。

     

    問題はどこかに隠されています。しかし、ロルフィングではその問題の箇所を暴きだし治療をするのではありません。身体「全体」を10回のセッションで扱っていくことであらゆる箇所のバランスを整えて行きます。その結果、偏った負担のために起きていた痛みや問題の箇所が改善することが考えられます。

     

  • 筋膜を重要視しています。

     

    全ての筋肉、骨、内蔵などは筋膜に包まれておりすべては物理的に繋がっています。この繋がりを利用して身体全体を扱っていきます。

     


重力が味方となる

 

  • 重力は引きずり降ろす力から上への方向性の原動力へと変化していきます。

     

    身体が重力に委ねられるようになってきたとき、同時に上への方向性が生まれてきます。

    身体の構造を筋膜と骨で構成されたテンセグリティーモデルとして見ることができます。

     

  • 重力がセラピストとなります。

     

    変化への適応は少しずつ行われます。セッションルームで得た変化がきっかけとなり、その後の日常を過ごすことで身体は重力下での適応と変化を繰り返し、さらに新たな構造へ進化していきます。

    セッション後も変化は継続し、セッションの合間の期間でも身体は変化します。

    10シリーズ完結後、半年〜1年ほどは変化が継続していくと言われています。

     


 10回で完結する


  • 10セッションが終わると、クライアントはロルファー(施術者)に依存する必要がなくなっていきます。


    身体の一部分だけを変化させた場合は重力下で日常生活をしていると元に戻っていくため、施術者に依存する必要があります。

    しかし、ロルフィングでは身体の「全体」を考慮することで重力と調和していきます。「全体」の調和を獲得した身体は元に戻ってしまうのではなく、重力下で過ごすことでさらに洗練されていきます。

    ロルファーに依存する必要はなくなり、重力がセラピストとなるのです。


 

ベーシック10シリーズの構成※簡単な図解は「図解!ろるふぃんぐ」ページをどうぞ

 

 ■はじまり —  セッションの体験、展望と決意 —


  • セッション1:呼吸、自身への気づきの始まり 


全ての始まりです。ロルフィングとは? 未来への展望。ロルファーとの相性、使い手が少なくあまり知られていない手技(Yielding Work イールドワーク)との相性。このロルファーとの未来に可能性を感じられるか?これからともに進んでいくことへの決意。

 

↓ つづきを見る

※セッション1は体験セッションとしての側面があります。ロルファーとの相性、「Yielding Work(イールドワーク)という特徴ある手技、ロルフィングの可能性を感じ取るための体験の機会としても受けられます。

この「セッション1」の特筆すべき点は、このセッションだけで「整体」としても成立できるほど独立した存在ということです。そのため、セッション1だけで完結し以降のセッションを受けないという選択をすることが可能です。ただし、その場合は「ロルフィングを受けた」とは言えません。ただの整体を受けたということです。(ロルフィングとは目的をもったセッションの積み重ねによる変化、身体の統合です。10回全て受けたときにロルフィングとは何かを知ることができるでしょう。)

 

 ■表層 —  深さへ触れるための準備、変化の兆し —


  • セッション2:サポート、地に足がつくこと

  • セッション3:前後のボリューム、側方への信頼 


身体の奥深くに触れるための準備の期間です。この段階から変化を感じ取られる方はとても繊細な身体感覚を追うことができる方だと思います。まだ始まりの準備に過ぎません。

 

↓ つづきを見る

Yielding Work(イールドワーク)という手技への反応性を高めていく準備の段階。そして、ロルフィングのコアセッション4〜7へ入っていく前の準備の段階でもあります。

 

 ■コア(深部) —  本質的変化への道、存在に触れていく —


  • セッション4:骨盤の前面・下方、内蔵空間、足

  • セッション5:骨盤の前面・上方、大腰筋、胸郭・内蔵空間

  • セッション6:骨盤の後面、仙骨〜背骨

  • セッション7:頭蓋、首 


さあ、いよいよ身体の知性に本格的に触れて行くことになります。本質的な変化が少しずつ静かに日常の生活の背景に歩みを進めて行きます。身体の深層のかすかな痙攣、言葉にできない新しい感覚。今までにない変化の現象を感じる方もいらっしゃることでしょう。

 

↓ つづきを見る

※コアセッションに入ると変化が深いレベルで起こります。そのため途中でロルフィングのプロセスをやめることはおすすめしていません。また、セッションの間隔を空けすぎないことは身体にとって優しいプロセスになるかと思います。

身体の深層に触れていきます。ロルフィングの一つの目標でもある骨盤の水平性をセッション4〜6で扱い、セッション7で頭が楽に位置する状態へ向かいます。安定したサポート、内蔵空間の変化、空間認識。深部の変化は全身の根幹に関わることに気づくかもしれません。

 

 ■統合 —  全体がまとまりを持った存在へ、自由な流れ・調和 —


  • セッション8:下半身(上半身)
  • セッション9:上半身(下半身)
  • セッション10:全体、クローズ ロルファーとさよなら、世界に出て行く

ここからがロルフィングの本領です。この段階に入ると、全身を一通り扱われた身体の反応性は高まっており、少しずつの様々なキッカケによりさらなる統合状態、まとまりのある全体性へと重力の中で導かれて行きます。以前とは違う何かに既に気づいていることと思います。

 

↓ つづきを見る

セッション4〜7までで身体の深部に触れてきました。心身の統合、シリーズの終わりへ。完結すること。「終わり」には力があります。

 


 ロルフィング®の解説

筋膜とテンセグリティーモデル


 

筋膜とは

全身のあらゆる組織を包み込む膜です。筋肉や内蔵、骨など体内のあらゆる組織を包み込み、全身を繋げるネットワークを構成しています。(”筋”と書かれていますが、筋肉だけでなく骨や神経などあらゆる組織を包む膜のことです。)

↓ つづきを見る

ちょっと実験してみましょう。

・鶏肉を買ってきて、料理しましょう。まな板の上には肉。その表面には透明な膜が!これが筋膜です。骨とのつなぎ目はもっと強くて白っぽい膜になりますし、これは細胞ひとつひとつをも包んでいます。「”筋”膜」と書きますが、筋肉だけではなく身体の中のあらゆる組織を包む「膜」のことなのです。

・みかんを剥いてみましょう。みかんのつぶつぶはひとつひとつ薄い膜で包まれています。 つぶつぶを包み込む膜、さらに一房一房を包み込む膜、そしてみかんの全体を包む薄皮、その外皮、と最小単位のつぶつぶから最大単位のみかんの皮まですべての組織は膜につつまれています。

このように人体でも小さな細胞から筋繊維、筋肉の束、腱、靭帯、骨を包み込む膜、内蔵、体全体を包む皮膚とあらゆる組織は膜に包み込まれています。

この膜により、身体の中の組織は区別され、形を取ることができます。もし筋膜がなければ身体の中のあらゆるものは混ざって液体になってしまうことでしょう。 この筋膜以外の組織を人体から取り除くと、筋膜だけで人の形をとります。(みかんの果汁を取り除いて、膜だけ残してもみかんの形をしているように。)

そして、この膜はお互いに切れ目なく繋がっています。例えば、一般的な解剖学書などでは骨と筋膜ははっきり分かれていますが、実際には筋肉を包む膜はそのまま骨を包む膜に繋がっています。 このようにして筋膜はあらゆる組織を繋げ、全身を繋げるネットワークを構成しているのです!

*アメリカのトレーニングでは解剖学の献体に触れる機会がありました。心臓、横隔膜、肝臓なども筋膜でしっかりと繋がって一体となっており、その様は膜というより”皮”で繋がっているかのようでした。

  

このようなネットワークの一部に歪みが加わると、それは全身に波及します。(たとえば、セーターを着ていて、どこか一カ所を引っ掛けると毛糸の網の目を伝わって全体に力が加わり変形するようにです。)

 

人の身体には使い方の癖や事故や手術などの衝撃により、身体中の筋膜のネットワークには偏りが存在します。

この偏りのため、重力下での力の分散にも偏りが生じています。このときある部分に力が加わり負荷が集中してしまうことになります。


 

テンセグリティーモデルとは

左図のように、糸と棒で構成されたモデルです。

これはブロックの積み重ね構造とは異なり、重さの負荷をその下の構造で負担しているのではありません。糸の張力により負荷を”全体へ”分散し、全体で調和をとって構造を維持しています。

 

これは、糸を筋膜で、棒を骨で置き換えると人体の構造として見ることができます。人体はブロックの積み重ねのような構造ではなく、筋膜と骨の張力のバランスにより成り立っているテンセグリティーモデルとして見ることができます。


 

ロルフィングで行うこと

ロルフィングでは、筋膜の偏りが整っていくことにより負荷が全身に分散され、テンセグリティモデルのように全体が調和した状態を取り戻します。


このとき、偏りのために崩れ落ちていた身体は張力の回復により上への方向性を得るのです。まるで浮力を得たかのように。

 


 身体の統合、その可能性

手術を受けるその前に、試してほしい。

手術や事故の影響からの回復、心理的辛さからの回復、試してほしい。

 

外科手術、、その前にロルフィングを試してみては?
ロルフィングとは、治療ではありませんが。。

外科手術を受ける前に、試す価値は大いにあります。とても、あります。

 

手術や事故による身体の歪み、そこからくる痛みやアンバランス。

身体は回復できると信じています。何例も目撃してきました。

 

心理的辛さからの回復、身体を整えること。

ロルフィングとは、心理治療することはしません。身体のバランスを整えるワークですが、

からだとこころは一体だと思います。わたし自身がそれを経験してきました。

 

 

 

 

部分ではなく「全体」を考える時、 なにか矛盾が起こっていることが考えられると思います。
なぜ、その部分が圧迫されているのか?
体全身の別の部分を補うために、そうせざるをえないから、それを長年やってきてくれたから、
結果として今そうなっている。
のではないでしょうか?


ロルフィングとは、身体の『統合』である。

 

解放と統合の違いとは?

↓ つづきを見る


エネルギーの解放、ストレスや、思い込みからの解放。
不安からの解放。これは、大切なことだと思います。
でも、それだけでは終わりません。



解放の性質、

ストレスが溜まっていた、エネルギーを解放する。
時間が経てば、また同じところに溜まる。

解放で器を空にし、時間が経てばその器はまた満たされる。
何度も解放し、何度も溜まる。同じことの繰り返し。

変化は一時的でまた戻る。



一方、統合の性質、

ストレスの溜まっていた器のエネルギーは解放される。

統合にはその先がある。

解放され空になった器は変容する。その器がなくなっていくことを目的とする。
もうそこには再び溜まることはない。

それが本質が変化するということ。統合された状態。



解放そのものが目的ではない。
それ自体に価値があるのではなく、その後の変化、状態がシフトすること、
その後、もうストレスを受けにくくなっていくこと。
それが目的なのが、統合です。

 

  

大まかに言うと、セッション1〜7で歪みを解きほぐしていき、セッション8〜10で重力と調和した身体へとまとめていきます。

自分の中心の位置が変化していくこと、重力と調和し環境に適応したムリのない身体となっていくことを目指します。

 

 

 

  • 各回で何を施術するのかは予め決められています。無目的の整体ではありません。
  • 解剖学を基盤として論理的に構成された、10回完結の『プログラム』となっています。
  • 全10回の変化を積み重ねると、身体が自然と整ってくるように構成されています。(うまくできているなと思います。)




■観察されること

  • そのプロセスを一言で表すと、「圧縮されていた全身が、フワッと広がり、スッと伸びる」(テンセグリティモデルのように。)

  • 得られた変化は元に戻りにくいことが観察されます。これは重力が身体を引き摺り落とす力ではなく、すーっと自然に通り抜ける力として働くようになっていることが挙げられます。

  • 部分だけでなく常に全体を考慮しています。全身が変化していくと、初めに意図していた部分以外の変化、予想の範囲に収まらない変化を感じる方が多いです。


ロルファーとは

 

ロルフィングの施術者のことを『ロルファー』と呼びます。

私たちロルファーとは、「ストラクチュラルインテグレーション(身体統合)」の実践者です。

 

「ストラクチュラルインテグレーション(身体統合)」とは、身体の構造を整えること。『重力と調和した自由な身体、自然な美しい姿勢。』への道をクライアントさまと一緒に辿っていくことです。

 

統合状態の高まったバランスの良い身体に辿り着いた時、痛みやコリなど問題と感じていた部分は自然と解決されていることが多く観察されます。と同時に、身体構造の変化と一緒に『何らかの変化』を感じることもよく報告されます。それはクライアントさまにより様々ですが、ある人は心理的な変化、社会や人との関わり方、ものの見方や感じ方など。またある人は、その時期の人生への対処の仕方、こころもちの変化など。

 

これらはロルフィングとは直接関係があるかどうかはわかりませんが、そのプロセスの中で起こったことのある実例です。『体験記』などは、そのプロセスが少しでも感じられる内容となっているのではないでしょうか?

 



身体は「最善を尽くして」現在の「わたし」を保ってくれています。

重力の中で倒れてしまわないように姿勢を保ち、外界の出来事に対し常に生き残るために反応しています。

 

 

その人の過去には歴史があります。

過去のトラウマ的な出来事。それに身体は最善の対処をしてきてくれました。

外界への防御の姿勢、逃げる行動、凍り付き痛みを感じなくすること。

それは過去の出来事でした。しかし現在も対処し続けていることがあります。

 

 

もう必要のない防御、やり遂げたかったが未完了に終わった逃げる動作。

それらは未解放のエネルギーとして身体の中をまだ巡っています。

安全な環境だと認識すること。その場の中でしか起こらないエネルギーの解放。

 

 

ロルフィングとは統合です。変化の過程で起こる解放は副次的なものにすぎません。

統合すること。

安定感。淀みのない流れ。自身と外界との調和。自由。

一体感を持ったひとまとまりとしての全体性を取り戻していきます。

 

 

調和のとれた身体。

それは外界からのストレスやショックにも耐え、身体に溜め込まず流しさってしまえる。

そんな統合された身体を10回完結のシリーズで目指します。



 重力、命のはじまり

ロルフィング10シリーズ

その中心にあるのは『重力』、そして『ミッドライン(=中心軸)』です。

 

創始者であるDr.Ida P.Rolfは、こういいました。

『人間とは、ミッドラインのまわりに組織化された「何か」』

 

これは、胎生学(受精卵から赤ちゃんになっていくまでの過程の学問)の観点から見ることが出来ます。

人とは、重力=中心線を目印に『無』から生まれてきました。

 

受精卵が細胞分裂するとき、必ず『重力』が必要です。

『重力』=中心軸、わたしたちの存在への目印。

宇宙で実験すると、受精卵は上下がわからず脊索(背骨の元となる中心線)ができません。

そして、上下が存在しなければ、左右も存在できません。

 

命の始まりには、中心線(=重力)が必要なのです。

 

受精卵は初めに中心線ができ、そのミッドラインに沿って

周りに組織が生成され、成長し人間となっていきます。

 

ロルフィングの10シリーズでは、重力を頼りに身体は再構築されていきます。

それは、再び誕生、発生の過程を辿る力に寄り沿うかのようです。

 

 


 

ロルフィング入門、簡単な解説について

 

このページはロルフィングについて詳しく説明をしようとしています。もっと入門的な解説や、ロルフィングの全体像をかる〜く一通り眺めてみたい方は下記のページを参照ください。

  • ホーム:ロルフィングの全体像のページ。私のロルフィングの全体的な雰囲気をさら〜っとご紹介しているページです。(構造的変化以外にも様々な不思議なことが起こるのが、ロルフィングです。そのあたりの雰囲気も感じ取れればと思います。)

  • 初めてロルフィングを知った方へ:ロルフィング入門のページ。 初めてロルフィングのことを知ったという方、ロルフィングってなんなの?という方は、、まずは「はじめてロルフィングを知った方へ」ページへどうぞ。