バイオダイナミクス


バイオダイナミクス

それは命の動きです。もともと胎生学(受精卵が細胞分裂を繰り返し、赤ちゃんになっていく過程の学問)の用語から来た言葉で、胎生学者ブレヒシュミッド博士の人の発生の過程の様子を観察し、その命の成長の原動力となっている力を表す言葉でした。

↓ つづきを見る


ブレヒシュミッド博士は、一般に支持されている遺伝的な発生学とは異なる考え方をもちました。それは、人は受精卵から機能と構造を持つ人間へと発達する、そのおおもとの力は、遺伝子によるものではなく、、(代謝の)”流れ”によるものだと考えました。つまり、内側から遺伝子の情報により生えてくるように人ができたのではなく、もっと別の力がある、ことを観察したのです。それは、、外側からやってくる力でした。外側からやってくる力が、人を形作っていく。その力は、胎児の時代だけではなく、大人になっても働いている。そして、ひとは一生その力により生かされている。


それが、その力の源にある生命の流れ、バイオダイナミクス。  


同じ現象を、古いオステオパス(手技により人を治療する医術)は研究室ではなく、実際の施術を通して身体感覚で知覚していました。その力は、人に一生に渡って働き続けていることを。  (手技による医術と研究室で観察されていた学問、それら二つ別々の世界で同じことを観察していたのです。)


命はそれ自体が叡智です。いかに動き、いかに癒しに向かうのか、生命の本質は、我々人間の知性を超えた叡智です。その人に働き続けている力に従い、生命の動きに従い施術するのがバイオダイナミクスのアプローチです。

 

 

既にある治癒の力

治療の力とは、受け手の中にすでに起こっています。施術者はそこに参加させてもらうのです。

 

何か出来事が起き、、病変が作られたとき、、その瞬間から、体のシステムの中では治療のプロセスが始まります。 『体は常に健全に向かい続けるようにできている。』 施術者がクライアントさまと出会った時、既に治療のプロセスは進んでいます。どんなにひどく見えようとも、かすかであろうとも、、生きているということは、その背景で健全が働いているということ。

 

 

透明な手

透明な手が必要です。それは、受け手の治癒の力を妨げない手です。

 

施術者が新しく治療を引き起こしたりすることは、できません。もし、施術者が何らかの「意図」を入れてしまうと、受け手の体はその介入に対してリアクションをしなければなりません。それは、本来進むべき治療の方向と異なるため、負担となります。必要なのは、既にある治療の力がその方向のまま健全とつながり増大していくことです。治療の力を妨げない透明な手が必要です。

 

 

体の方が百万倍賢い

生命は長い年月をかけて進化をしてきました。体には数百万年の叡智があります。施術者の意図などとうてい及ばない知性です。

 

施術者は体についての知識を勉強します。解剖学や生理学など。それは、役に立ちますが、その知識や理屈を実際の施術では当てはめてはなりません。体の治癒の力に沿うこと、既にそこにある治療の力を邪魔しないことが大前提です。体の声を聞き、より高次(=体)の知性に従う。そんなイメージです。たとえば、解剖学や生理学など、必要な知識は、こちらが当てはめに行くのではなく、ふと、その瞬間に呼び覚まされる、そんな感覚です。

 

 

参考情報

量子の世界(二重スリットの実験)では、観察者の態度や、見方によって、実験結果が変わってしまう。ボディワークの世界では当たり前のことですが、どうやって身体を見ているのか。。

 

意図を入れると体はそれに対して対処をしなければならない。体の治療の力に沿うためには、施術者は透明な存在である必要があります。

 


〜編集中〜

バイオダイナミクス、その世界観とは

↓ つづきを見る


健全を探しなさい、病変(歪み)は誰にでも見つけられる。
(健全こそが治療のキーである。病変にエネルギーを与えない。)

病変、その出どころは何処か?
(フォルクラム(健全への入り口)を探しなさい。)

スティルネス(静寂)とともにいなさい。
(健全が広がってゆく、、呼吸が広がってゆく。)

癒しのプロセスは既にそこにあり、進んでいる。
(傷ついたら、自然と傷口がふさがっていくように、体に自然と備わっている力。どんなにひどく見えようとも、ゆっくり、しずかに、かすかに。。)

治療家は既に起きている治療のプロセスに参加させてもらう。
(治療家が治療を起こすのではない)

内側からの光を遮らない、透明な手で。。
(施術者の手から何かを注ぎ込んだり囲い込むのではなく、受け手の中心から生命力が放射し通り抜けていくように。)