図解!ろるふぃんぐ

ロルフィングのシリーズを通した変化のプロセスをそれぞれイメージとして絵で描いてみました。ロルフィングの『レシピ』の概略です。


セッション1〜3:準備のセッション。Yielding Work(イールドワーク)の反応性を高めていきます。

セッション1:イールドワークの準備①

  • 背面方向へ委ねることを覚える。

はじまり。呼吸に関わる組織(特に肩関節、股関節まわり)が呼吸に協力し始めます。


セッション2:イールドワークの準備②

  • 前面方向へ委ねることを覚える。

足のサポートを得始める。


セッション3:イールドワークの準備③

  • 側方向へ委ねることを覚える。

サイドライン。前後のボリューム。



セッション4〜7:コア(深層の組織)セッション。コアの広がりとサポートを順に得て行きます。

セッション4:骨盤のセッション①

  • 骨盤の前面下方からのサポート。

骨盤底。脚の内側から内蔵空間への繋がり。足から骨盤底までのサポート。


セッション5:骨盤のセッション②

  • 骨盤の前面上方への繋がり。

大腰筋。骨盤底から脊柱前面への繋がり。


セッション6:骨盤のセッション③

  • 骨盤の背面のサポート。

仙骨〜脊柱。骨盤の安定。


セッション7:頭のセッション

  • 頭の解放

頭,首、肩、腕。前回セッションまでで安定した骨盤の上に、頭がポンと乗る。



セッション8〜10:統合のセッション。ひとりの人間、わたし。全体性へ。

 

セッション8:全体のつながり①

  • 下半身

下半身、大地から丹田までの繋がり、それが上半身、腕へと伝わって行きます。


セッション9:全体のつながり②

  • 上半身

下半身からの繋がりを上半身、上丹田、心臓から腕、そして世界へと広がって行きます。


セッション10:全体のつながり③

  • 全身のまとまり

一人の人間、全体でひとつ。

身体の中には宝物があります。宝物を持って帰ります。

さようならです。そして、その後とは。。


 

■さようならのその後、ロルフィングのその先とは

↓ つづきを見る

ロルフィングは完結しました。もう以前とは違う身体。日常の生活の中で身体のあり方が既に変わっています。

(背筋を伸ばして姿勢を正し、気をつけていても、気を抜くと元に戻ってしまっていた。その戻ってくる位置が変わっている。バランス、体の中心がより重力と調和した状態になっています。)

しかし、身体にはまだまだ可能性があります。

ロルフィングのシリーズを通して、あなたの身体には知らなかった力がある。まだまだ可能性を秘めている、、、いや、身体そのものが可能性である。ということに気づいているかと思います。

ここから先はないのか?と、さらにその先を探求されたい方には、「ポスト10シリーズ」や「クラニオセイクラルワーク」が選択肢として開かれています。

  • 身体のメンテナンスや質問、相談のために、セッションを継続して受けることができます。

↓ つづきを見る

完結後、さらにセッションを受けるという選択もあります。

ロルフィング完結後も人生はつづきます。またバランスを取り戻したい。相談してみたい。と感じるかもしれません。
または、まだロルフィングから何かを得られそうだ、と感じているかもしれません。身体のメンテナンスとして定期的にセッションを受けたい。
あるいは、もっと身体についてご自身について探求をしてみたい。

そんなときは、新しいテーマでさらにセッションを受けていくことができます。
完結後のメニューとして「メンテナンスセッション」が用意されています。

メンテナンスといっても、その都度、そのタイミングで新たなテーマが体の方から見せられることになるでしょう。その時体が求める次の段階へ。進化は常にそこに提示されています。

  • ロルフィング完結時のあなただからこそ、次の段階に進む準備ができています。そのとき、別の分野のワークを紹介できるかもしれません。

↓ つづきを見る

わたし自身、いろいろなワークを経験し様々な学びと探求を経てきました。
わたしは本当に良いものを知っています。

それらは、一般には目に触れない、派手に広告され人目をひくようには流布されていません。本当にいいものは隠されており、それにチューニングできる人にしか姿を現さないかのようです。これは単にお金をよりたくさん効率よく収集するには、わかりやすく即効性があり派手であることが条件になっているため、一般の経済の社会では必然的に隠れてしまうのでしょうね。そのおかげで、本当によいものとの出会いはなかなか難しい。みなさんも経験されていると思います。

隠されたものたちは準備のできた人にチューニングが合うかのように、それなりにトンネルをくぐり抜けてきた人にしか見えないようになっているのでしょうか。

ロルフィングとは
そういう人、そういうもの、それらに繋がりを作る中継点のような役目も持っているのかもしれません。

次の段階への橋渡し。
そこでも、わたしの経験と探求から得たエッセンスをお伝えしたいと思います。

それは、私のワークに限らずです。もしかしたら、心理や動きへのアプローチなど他の分野のセラピストさんのことをお話しすることもあるかもしれません。


マッサージベッドでの姿勢

セッション1

セッション2

セッション3


 

セッション4

セッション5

セッション6

セッション7


 

 

セッション8

セッション9

セッション10