料金・メニュー

 このページの目次


 ロルフィング ベーシック10シリーズ

 

ベーシック10シリーズ

 

全10回で構成されます。各セッションにはそれぞれ特定の目的があり、変化を少しずつ積み重ね全身を扱っていきます。前の回は次の回の準備となっており、セッション10で調和の内に完結します。

 

料金

15,000円/各回(税込)

※特定の条件を満たすことで割引(13,000円/回)を受けられます。詳しくは「モニターの割引」ページをご覧ください。

 

時間

90分(※時間は多少前後することがあります。 )

 

服装

服を着たまま受けられます。

※長袖長ズボンで大丈夫です。リラックスできる服をご用意ください。

※ジーパンなど硬い生地の服や、スカートは避けてください。

 

その他

ご希望の方には植物療法のチンキや軟膏をお譲りします。セッションの際にご相談ください。

 

お申込方法

ご予約・お問い合せ」ページから「ベーシック10シリーズ」を選択してください。

 


 ときどき体験会(不定期)

 

ときどき体験会(不定期)

 

不定期でときどき、通常価格から5,000円割引の体験セッションを行っています。※日時や場所はあらかじめ決められています。

 

日程:2019年3月12日、20〜23日

場所:吉祥寺 ※吉祥寺限定です。

募集:若干名 ※募集は予告なく終了することがあります。

料金:10,000円(税込)(通常の体験セッションから5,000円割引)

時間:90分

服装: 着衣のまま受けられます。身体を締め付けないようなゆったりとした服をご用意ください。

内容:通常のセッションと同等の内容です。※違いは、場所と日時が指定されています。

資格:※わたしのセッションを未体験の方に限らせていただきます。

 

キャンセルポリシー

当日:セッション料金の100%、3日前〜前日:3,000円

 

お申込方法

ご予約・お問い合せ」ページから「ときどき体験会」を選択してください。

 

 


 ロルフィング体験セッション

 

ロルフィング体験セッション

 

ロルフィングの施術で使用している手技(服を着たまま受けられる。痛くない。)を体験していただくことができます。また、ロルフィング10シリーズなどに関する質問や相談をすることができます。

 

料金:15,000円(税込)

時間:90分

服装: 着衣のまま受けられます。身体を締め付けないようなゆったりとした服をご用意ください。

  

セッションの特徴

  • 体験セッションはロルフィングではありません。(ロルフィングとは10回で成り立つプログラムであり、各回には決められた内容に沿った施術がされます。)体験セッションでは、まだロルフィングの第1回目の内容を施術しません。
  • ロルフィングで使用している手技(服を着たまま受けられる。痛くない。)を体験できます。全体的に身体がリラックスに向かうような施術になるでしょう。
  • ロルフィングについての質問や相談ができます。 

お申込方法

ご予約・お問い合せ」ページから「ロルフィング体験セッション」を選択してください。

 


 アドバンス5回シリーズ(※限定メニューです)

 

アドバンス5回シリーズ

5回のセッションを割安で受けていただくことができるメニューです。

・私からロルフィング(ベーシック10シリーズ)を完結された方限定
・5回シリーズ(5回受けることが前提です。)

↓ つづきを見る


ロルフィング(ベーシック10シリーズ)を完結すると、
体は整い、元には戻らないことが観察されます。


ひさしぶりに、受けに来られる方は
数年ぶりにやってきて、
調子はずーっといい。と、教えてくれます。


ある方は、ベーシック10シリーズ完結後も定期的に受けられています。
その理由は様々ですが、
日常をリセットする機会が欲しかったり、
体を探求し、まだまだ変化はしていくことを発見したり、
あるいは、理由は語らず、やってくる方もいらっしゃいます。


私のロルフィングでは、
10シリーズ完結後にも継続的に受けられる方は
少ないですが、

継続される方にとって、
あるいは、
しばらく期間が空いて、また体と自分を見つめたいかたにとって、
新しく少し安く受けられるような
まとまった機会を作りました。


もし役に立ちそうであれば
活用していただければと思います。

 

料金12,000円/回(税込)

時間:90分

回数:5回

期間:5ヶ月以内に5回シリーズが完結すること。

場所:吉祥寺

資格:私のロルフィング(ベーシック10シリーズ)を完結された方

 

内容:継続してカラダの変化をみていきたい方や、日常からのリセットのタイミングとしてご利用いただけます。

 

継続して変化をみたい方や、次の段階に進んでみたい。

↓ つづきを見る


バイオダイナミクスをロルフィングの手技に取り入れてから、施術の効果は根本的に変わりました。質が全然違います。そこには、施術者やロルフィングのレシピの枠にとどまらない命の変化の力が現れてきます。


ベーシック10シリーズで、体は一連の変化を遂げ、体の統合という目的地に到達しました。そこには、目的やテーマが確固としてあり、私たちを導いてくれました。しかし、言い換えると、10シリーズでは、ある種の道筋に沿って体は変化をしてきました。しかし、体には、それ以上の命の力があり、新しい自由な変化をする準備ができています。


そこには、もう(ロルフィングの目的やテーマ、レシピといった)枠はなく、どのように体は導かれるのか、進む方向があるのか、それは、歪みの解消から始まる命の持つ力の流れにより、より純粋な変容が始まります。その出発地点に到達した、ロルフィング完結者のためのメニューです。

 

日常の世界に傷ついた体と心を静かに回復する。

↓ つづきを見る


ロルフィング完結後も、日常は続き、、さまざまなできごとがあります。繊細な方は特に、荒い世界の粒子によってしんどくなってしまうことがあるかもしれません。


静かに回復し、リセットされる時間を持つこと。一人では難しく、方法がなかなかないとき、静かなセッションを受けその背景にある世界に行って帰ってくる。日常の外にある、静かな領域にまで降りていき、そこで、癒しの時間を持つ、、風が自分の内側を通り抜けていくように。。


 

申し込み方法

ご予約、お問い合わせ」ページから「アドバンス5回シリーズ」を選択してお申し込みください。

 


 統合セッション

 

統合セッション

 

静かな休息の中で起こる癒しのセッションです。体はニュートラルな休息状態に移行し、さらに深い癒しの領域へとシフトしていく、、そこでは、本当の治癒が始まります。

 

料金:15,000円(税込)

時間:90分

回数:単発のセッションです。回数に決まりはありません。(※まとめて安く受けたい場合は、「アドバンス5回シリーズ」をご利用ください。)

服装:身体を締め付けないようなゆったりとした服をご用意ください。

 

内容:日々の世界を一旦離れ、深い休息とさらなる癒しと変容を求める方へのメニューです。ロルフィングを完結された方の場合は、さらに深い癒しの領域へと進んでいきたい方、その先の何かを見つけたい方、あるいは、10シリーズのその後の疑問、日々の生活の質問や相談などにもお応えいたします。

※ロルフィングを未経験の方でもお申込みいただけます。※イールドワーク、クラニオセイクラルワーク、ソマティックエクスペリエンス、バイオダイナミクスなど、これまでの学びを統合した、セッションです。

 

申し込み方法

ご予約、お問い合わせ」ページから「統合セッション」を選択してお申し込みください。

 

 植物療法

 

植物療法

植物療法の講座で学んだチンキや軟膏を、ご希望の方にお譲りします。

 

料金:1個1,000円、2個1,500円

(※初めての方は1個目は無料でお譲りします。)

 

内容

  • チンキ、または、軟膏を瓶に詰めたもの。
  • 詳しくは「植物療法」ページをご覧ください。

 

雑貨の種類

 

注意事項

 

同意事項

  • 観賞用の雑貨として扱い、口に入れたり、肌に塗ったりしないこと。
  • 蓋は開けず、瓶のままエネルギーを感じるだけに留めること。
  • チンキや軟膏の入った瓶は蓋を開けず、部屋に飾る雑貨として扱うこと。  

 

お申し込み

ロルフィングなどのセッションの際にお伝えいただくか、「雑貨のお申し込み」ページからお申し込みください。

※これら雑貨のみのお申し込みは受け付けていません。ロルフィングなどの施術を受けられる方に限定してお譲りしています。



 ポスト10シリーズ

こちらのメニューは終了し、そのエッセンスはさらに深い癒しのワークとして「統合セッション」、「アドバンス5回シリーズ」に統合されました。こちらのメニューをご希望の際は「統合セッション」、または、「アドバンス5回シリーズ」をお選びください。

 

ポスト10シリーズ

 

ベーシック10シリーズを終えられた方が対象で、回数に決まりはありません。単発のメンテナンスセッションか、3〜5回ほどのシリーズとしてプログラムされます。※10回のシリーズではありません。

↓ つづきを見る


”ポスト”とは、英語で「後の」という意味です。ポスト10とは、ベーシック10シリーズの後のコースという意味です。

 

料金:15,000円(※特別料金で受けられる「アドバンス5回シリーズ」もあります。)

時間:90分

回数:相談の上決めていきます。単発のセッションとしてメンテナンス的に受けるのも良いですし、テーマをお持ちの場合は3〜5回ほどのシリーズとして受けるのも良いでしょう。

 

ベーシック10シリーズの間に自身の気づきの力も体の対応力も成長して行くことと思います。その後に受けるポスト10シリーズはまた違った体験になることでしょう。新たな気づきやテーマ、決められた方向性というよりも、より自然な流れのなかでのセッションとなると思います。

 

お申し込みこちらのメニューをご希望の際は「統合セッション」、またはアドバンス5回シリーズをお選びください。

 


 クラニオセイクラル

こちらのメニューは終了し、そのエッセンスはさらに深い癒しのワークとして「統合セッション」、「アドバンス5回シリーズ」に統合されました。こちらのメニューをご希望の際は「統合セッション」、または、「アドバンス5回シリーズ」をお選びください。

 

クラニオセイクラルワーク

 

体の奥深くに流れる、本来誰もが持っている回復の力が表現されてくるのをサポートするワーク、施術者の意図や操作のない純粋なワークです。 

  

料金:15,000円

時間:90分 

 

内容:バイオダイナミクスとは、私のロルフィングの根底に流れる、体への尊重と命の輝きを見せてくれる深遠なワークです。

↓ つづきを見る



・着衣のまま軽く触れ、静かに待つというスタイルです。

・触れる場所は頭だけに限りません。足や肩などに触れることもあります。

・深いリラックスの効果が期待されます。『数ヶ月分寝た気がする』『触れられている部分とはぜんぜん違う場所が反応して緩んだ。不思議。。』などとのコメントをいただくことがあります。

・ロルフィングベーシック10シリーズを受けた後に選択されるとより効果的です。(詳しくは「クラニオセイクラルとは」ページをごらんください。)

・※ 私は数年にわたりクラニオセイクラルを学んできましたが、近年ではオステオパシーの「バイオダイナミクス」を学んでいます。その学びは9年間に及び、私のワークはクラニオセイクラルからバイオダイナミクスへとシフトしてきました。その違いは真の癒しの領域に入っていくか、浅い領域での休息かの違いです。私のワークではさらに深い本当の癒しの領域に入っていきます。一般的なクラニオセイクラルとは異なることを予めご了承ください。

 

体験記:「こちらのページ」へどうぞ。

 

お申し込みこちらのメニューをご希望の際は「統合セッション」、またはアドバンス5回シリーズをお選びください。

 


 イールドワーク

こちらのメニューは終了し、そのエッセンスはさらに深い癒しのワークとして「統合セッション」、「アドバンス5回シリーズ」に統合されました。こちらのメニューをご希望の際は「統合セッション」、または、「アドバンス5回シリーズ」をお選びください。

 

イールドワーク

 

ロルフィングの手技で使用している「Yielding Work(イールドワーク)」の単発セッションです。

 

料金:15,000円

時間:90分

 

内容:軽く触れて間合いを大切にする施術です。

↓ つづきを見る


・軽く触れたり、少し離れて変化が進むのを待っていたり、少し不思議なセッションかもしれません。

・受け手の身体の反応、身体の意志を尊重するワークです。

・動作のイメージを使ったり、実際に動いてもらうこともあります。

・重力に委ねること、呼吸などの振動が全身に伝わることを基本に身体の繋がりを引き出していきます。

・身体のまとまり、バランス、次のレベルの身体への「変化」を求める場合はロルフィングベーシック10シリーズを選択してください。

※近年、セッションの流れや場を大切にし、施術者の意図で操作するのではなく、、クライアントさまご自身に内在する回復の力を尊重したセッションにシフトしてきました。”そのとき身体が何を求めるのか?”、、。

 

お申し込みこちらのメニューをご希望の際は「統合セッション」、またはアドバンス5回シリーズをお選びください。

 

 ソマティックエクスペリエンス

 

ソマティックエクスペリエンス(略してSE)

トラウマワークです。トラウマと言っても心理や感情や思考を直そうとしたり、過去の記憶や相手の感情などを思い起こすことなどは(余計に悪化するので)必要はありません。SEのアプローチの画期的で優れた点は、こころを直接なんとかしようとはせず、その土台である体のシステムのうち神経系の働きを回復させることにあります。

 

料金15,000円

時間90分

内容:

  • 感情と思考、それは、あなたか??

・あなたはこうだ、などといわれてしまったり、、わたしなんでこうなんだ、、と思っているそれは、じつは、あなたのせいではなかった。

↓ つづきを見る


・これがわたし、というアイデンティティはその神経系に残された”傷”によるものであったとしたら、、それが癒され解放され手放されていくとき、本当の自分の姿がみえてくるのかもしれません。

  ・高活性化状態の神経系、未解放のエネルギーによる影響。常に危機状態にあったり、凍りつき反応に入って現実感のないぼーっとした状態に入ってしまう方、その神経系の状態と、感情や思考のパターンは紐付いている。。

  ・危機状態にいるときと、安全安心なとき、、考えること、感じること、感情。それらは、繋がっているでしょう。

  ・今、どの神経系の状態にいるのかが、それを決定づけるひとつの要因だとしたら、、。常に、危機にいるとき、、。そこから安心安全な世界にシフトしていく。それが、体から見たトラウマの世界です。

 

  • トラウマの解放、そして、新しい全体としてのわたしの統合。

・人としての全体とはなにか?癒しとはなにか?

・かつて、SEは優れた癒しの方法だと思っていた時代もありましたが、今ではより根本的な癒し、人としての全体を扱えるバイオダイナミクスオステオパシーを根幹に、ロルフィングの「ベーシック10シリーズ」でそれを実現していこうと思っています。

↓ つづきを見る


・現在の私は、SEにはそれほど興味を持っていません。 私の今までの個人的な体験や癒しの期間、その後のロルフィングやバイオダイナミクスの学びや体験、、それらによって、より本質的で根本的、現実の癒しには、SEの視点は限定的で一部で表層に過ぎないと考えるようになったからです。(人間とは神経系だけ見ていてはとても原因に到達することはできません。体の全体性をみる必要があります。)今では、SEの神経系の観点もロルフィングやバイオダイナミクスの施術に含めた、さらなる人間の全体と癒しの世界の原因に到達するようなセッションを提供したいと思っています。ですので、神経系に特化したSEのセッションよりロルフィングの「ベーシック10シリーズ」でそれらを実現していこうと思っています。
 

 **

 
  ・SEは体からのアプローチ、特に神経系を扱います。それは、心理の分野では安全でとても変化が早い、とされ最近はとてももてはやされているようです。

  ・わたしも、過去に2年半ほどSEを受けていた時代があります。。

  ・そのときのきっかけを少しお話ししましょう。、、2010年、ロルフィングの最終トレーニング、Unit3をブラジルに受けに行きました。(Unit1,2はアメリカのボルダーで受けました。)しかし、わたしは合格しませんでした。条件付きの合格で、その条件をクリアするのにさらに3年の月日が必要でした。その理由は、、人とコミュニケーションが取れないこと。

  ・どんな様子だったかと言いますと、人と会話ができない。首が締まる、目が痛い、アップアップしてすぐに焦る。電話など取れない、出ても言葉が出てこない、汗だく、暑い。人に会いに行こうとすると吐く、たどり着けない、人ごみで歩けない、頭が痛い、クラスの休憩時間でも、人と話せない。ずーっとイスに座っている、うごけない、固まっている。部屋でうずくまっている、身動きできない、ハートのあたりが痛い、凍っている、布団から動けない、、しんどい、物音に敏感、光に敏感、人と話して電車に乗ろうものならしばらくパニック、記憶がない、、。みたいな感じでした。(これは、比較的ましな時代でして、ひどい時代は身動きができません。凍りつき、フリーズの状態ですね。)

  ・その2010年のロルフィングのトレーニングの講師は、PedroPradroです。この方はバックグラウンドは心理(日本でいうと臨床心理士かな)の方で、SEの講師でもありました。その方から、最終の面談でSEを勧められたのがきっかけでした。

  ・それから2年半ほどSEを受け続け、やっとのことで、家から外の世界に出られるようになり、その後は、ロルフィングの中でも軽く触れるだけで変化を促す手技(イールドワーク)や、やがては私の根幹のワークとなる「バイオダイナミクス・オステオパシー」の学びとともに、自らも根本から変化し、癒され自由になってきました。

  ・そこで、今の私の感じていることは、SEはきっかけにはなったけれど、人の存在としての全体の一部しか扱っていない。そのため、ボディワーク(ロルフィングやバイオダイナミクス)と比較して遅いし、根本に届いていない。と思っています。

  ・ですので、私のワークにはSEは必要がなく、それをも含めた体の全体を扱うロルフィングのベーシック10シリーズとして、人の全体を扱っていこうと思っています。

  ・ただし、体の変化についていけないほどトラウマ化されている方(ボディワークを受けてみよう、と思えるほど思考や行動が起せる方はボディワークで大丈夫だと思います。重度にトラウマ化された方は、それすらもできません。)は、より少しずつ変化していくSEの方が合っていると思います。

 

 

お申し込み

ソマティックエクスペリエンスの学びはロルフィング「ベーシック10シリーズ」に統合されています。ソマティックエクスペリエンス単体のセッションは提供していません。ベーシック10シリーズへお申し込みください。

 

SEについての補足

  • 動物の脱活性化の様子

凍りつき反応から生き返る際、震えや、逃げる行動を完了させるかのように手足を動かしたりして脱活性化を達成します。

11:40から、しろくまをヘリで追いかけ、麻酔銃を打ち込みます。 13:18あたりで、しろくまが麻酔から覚める様子が撮影されています。

↓ つづきを見る


身体システムのシャットダウン

ヘリで追いかけられ、交感神経は高い活性化状態となります。その後、麻酔を打たれることでシステムはシャットダウンされます。このとき、交感神経の高い活性化は解放されないまま閉じ込められ身体システムの中で回りつづけています。

脱活性化(目覚めへの解放)

麻酔から覚める時、しろくまはしばらくの間、震え続けます。これをdischarge(脱活性化)といい、閉じ込めれれていた神経系の高い活性化を解放しているのです。 自然界の野生動物はこの脱活性化を自然と行い、神経系の活性化レベルを通常状態の健康な状態にまで戻します。

  • トラウマとは何か、なぜトラウマ化するのか。

・人間も動物です。動物には、三つの生き残りのための戦略があります。『逃げる/戦う/死んだふりをする』

・死んだふり(=つまり、凍りつき)の反応をしたときに、トラウマ化することがあります。

 

  • 凍りつき反応は、神経系に莫大なエネルギーを閉じ込める。

・敵が来た!そのとき、神経系は活性化され、激しい活動逃げる/闘う)ができます。神経系を巡るエネルギーはどんどん高まっていく。

・もう逃げ切れない!そのとき、動物は最後の生存への戦略として死んだふり(凍りつき)をします。これがトラウマ化することがあります。

↓ つづきを見る


・このとき、一見とても静かに見えますが、体の中を巡るエネルギーはありえないほど高い状態になっています。

・その仕組みは、迷走神経系の働きにあります。逃げる/闘う反応で活性化した神経系、、もう逃げられないときに「凍りつき反応」に移行するとき、高ぶった神経のエネルギーを解放せずに、それを上回るエネルギーで「背足迷走神経」をフルに稼動して高ぶった神経系の活動による全システムの活動を停止させます。

・つまり、このとき、、めちゃめちゃ高い交感神経の活性化エネルギー+フルに稼動した背足迷走神経のエネルギー=きゃ〜!失神。。とても高いエネルギー状態となっているのです。

・”逃げる/戦う”ときは、その行為の終わりには体の中を巡るエネルギーは使い果たされ、神経系はフツウです。しかし、凍りつき反応(死んだふり)をしたとき、神経系を巡るエネルギーを解放せずに日常に帰ってきてしまうことがあります。

 

  • 未解放のエネルギーの引き起こす問題

・トラウマ化された人とは、神経系の中を巡るエネルギーの高活性化状態で日常を過ごしている=常に危機状態、あるいは、凍りつき状態を持ちながらこの社会を過ごしている、ということなのです。

↓ つづきを見る


・野生動物は、敵が去って凍りつき反応から回復するとき、全身を震わせたり涙を流したり荒い呼吸をしたり、、さまざまな身体反応により、体の中に溜まった高活性化エネルギーをすべて解放します。

・しかし、人間はその発達した大脳ゆえに、恥ずかしいからとか、この場は泣くべきところではない、とかという判断や、手術や麻酔、落下や衝撃による活性化後の適切な処置が受けられずに、エネルギーの解放をやり損ねてしまうことがあります。

 

  • SEでやること、二つの目的。 

・トラウマで、問題となるもののひとつに、一般社会や外からの刺激に対してうまく反応できない、すぐしんどくなる、ぼーっとして対応できない、などのしんどさがあると思います。本来の自分の姿ではなく、いつか何者かに乗っ取られたかのような、、どうして、こうなってしまうのか?

↓ つづきを見る


・それは、神経系の不適格な活動のパターンにあると考えられます。ちょっとした刺激で、一気に活性化が上がり危機状態やぼーっとした凍りつき反応に入ってしまうと、安全安心な世界やゆったりと過ごしたり誰かとコミュニケーションをとることなどできません。。

  ・SEでは、神経系を扱ってトラウマのエネルギーを解放する、ということをやっていきます。

  ・目的は2つです。

  ・ひとつは、神経系を巡る高エネルギーを少しずつ解放して、体を巡る高エネルギーを脱活性化して抜いていく。

  ・もうひとつが、不健全になってしまった凍りついた神経系を、柔軟な健康な神経系にパターンを変えていく。

  ・トラウマからの回復の主な目的は、このうまく対処できない神経系のパターンを、健康で柔軟のある神経系のパターンに持っていくことです。

・つまり、外界からの刺激などに対し、一気に活性化するのではなく、すこし活性化したら、自然とすぐ脱活性化のできる安定した健康な神経系のパターンになっていくことです。

 

ソマティックエクスペリエンスの学びはロルフィング「ベーシック10シリーズ」に統合されています。ソマティックエクスペリエンス単体のセッションは提供していません。ベーシック10シリーズへお申し込みください。