私のワークと考え方


 

 私の考え方

すべての人は回復する力を持っています。どんなに絶望的な状況でも身体の奥深くには健康になろうとする力が流れていると思います。それが表現できるように手助けすることが施術者の仕事であり、施術者が身体を治すのではありません。

 

  • 身体はそれ自体に回復への力がある

 

すべての人が持って生まれた、あらかじめプログラムされた純粋な回復へのプロセスのようなものです。身体の奥深くに流れている静かなリズムのようなもの。その深い場所では自己のヒーリングのプロセスが始まり本来の自己への調整が始まる。

これは発生学的な考え方から来ています。そこからさらに学びを続けるうちバイオダイナミクスの考え方に非常に惹かれています。

 

  • 変化は少しずつ積み重ねられる

 

急激な変化は身体に吸収・統合されません。急激な変化は一時的にはとても良い感じがしますが、むしろ逆効果となります。身体は少しずつ変化していきます。身体に流れる時間は現代人の日常と比べるととてもゆっくりです。ゆっくりゆっくり見守ってあげましょう。バランスが悪いなというとき、ちょっとしんどいときは焦りすぎているのかもしれません。大きな一歩で先の目標を追うより、今、着実に歩みを刻むのはいかがでしょうか?

これはソマティック・エクスペリエンス(略して「SE」)のセッションを受けてきた経験から来ています。

 

  • 「場」の大切さ

 

変化の場と日常の場は異なると思います。日常の場では人はパターンの中で生きています。変化の場とは静けさの中で新しく何かが生まれるような場だと思います。現実に耳を澄ませ、今起こっていることに気づくこと。パターン化された過去の縛りを解いていく。日常の世界から少し離れ、普段は意識されない自身の繊細な身体感覚の世界へ入っていきます。そこでは身体との対話が始まります。

 

 

  • 誰かが誰かを「変える」ことはできない


基本的に他人がその人を『変える』ことはできないと思っています。それは良心からこうなって欲しいとの思いからその人を説得しようと、それは絶対にどう考えても正しいことであってもです。その人が(その人の身体が)一番わかっていると思います。他人にできることは、その方向への道、出口の可能性をお知らせすること。そしてその選択肢を実際に選択するかどうかは100%その人ご本人が決めることです。もし、その出口がその人本人が本当に求めているのならば、こちらが無理矢理つれて行くことはまったく必要ないことです。そのご本人はこれまでそれに飢えてきたと思います。ご自分で全力で進んでいくことでしょう。そのための変化はそのご本人が起こすことです。その出口をお知らせするとき、その選択肢の前でその人ご本人が100%の自由な状態であることが大切だと思います。その人がその場が安全であると感じられること。それには案内人の姿勢が大切だと思っています。ボディワーカー(施術者)とは案内人のようなものだと思っています。

 

 

私のワーク、その進化の歴史。

 

キャリアの初期

 

かつて、わたしもキャリアの初期の頃、一般的なロルフィングの手技である強圧を用いていた時代がありました。。。。しかし、今はもうこの手技は用いてはいません。

 

↓ つづきを見る


(服をぬいでいただき、肘などで素肌をスライドさせ、筋膜を物理的な圧力でもって変形させるという、痛い手技)

**

しかし、今はもうこの手技は用いてはいません。

痛いですし、効果が限定(全身に波及していくというより、筋膜のつながりに限定される)され、あまり有用ではないことがわかりました。それ以上の手技に出会ってきたからです。

 

 

中期 

 

そして、近年までは、手技のベースはイールドワーク(こちらも次のワークとの出会いにより、シフトしてきました。)を用いてロルフィングの施術をしてきました。。。。これは今でも大切にしているワークです。 しかし、「ある領域」に特化したワークとして使っています。

 

↓ つづきを見る


(軽く触れるだけで、相手の組織の柔軟性と全身の繋がりを引き出す。

触覚や身体の接地面への知覚により、重力に委ねるという細胞の記憶を目覚めさせ、

呼吸とその振動が全身に伝わり出す、

それぞれの細胞や臓器の固有の振動数を取り戻し、

全身が振動のレベルで自由と協調、調和を保つようになっていく、全身がひとまとまりで緩やかに協調していく全体性。

効果が全身の物理的な領域すべてに浸透していくワークです。)

。。。

**

これは今でも大切にしているワークです。

しかし、「ある領域」に特化したワークとして使っています。

そこから先の領域には、、、

バイオダイナミクスです。

 

 

現在

 

現在の私が最も影響を受けている、最も深い領域に到達する手技が、バイオダイナミクスです。(一般的なクラニオセイクラルバイオダイナミクスとは、全く別物の手技です。)こちらは、今後も勉強を少なくとも10年は続けていく、きっと一生続けていく類の分野です。。。

 

↓ つづきを見る

これは、テクニックや技術というより、今まで知らなかった、通常の生活やマッサージ的な世界の層でのレベルでは知覚できない、精妙な世界に降りて行って、癒しを導く。というやり方です。

そこには、そこの世界のルールがあり、原則があります。

(ちょうど、この日常の世界であたりまえの自然の法則、原則があるように。)

この日常の世界と並行して、その世界は事実存在します。

そこで、起きることは、すごいです。フツウの世界で起こることだけを常識としていると、捉えられない命の躍動がそこにはありました。

それを知ることができ、そこに居ることができる、その機会に出会えたこと、その世界にまで辿り着いたこと、これまでの紆余曲折を経て、、これはありがたい。その機会をセッションという形で与えられていることに、また感謝です。

 

最も深い領域に到達する。(バイオダイナミクス)

 

現在の私の手技に最も影響を与えている、バイオダイナミクスとは

 

・服を着たまま受けられます。

・軽く触れ、待つ。というのが基本的なスタイルです。

・エネルギーワークではなく、繊細な身体感覚の世界でのワークです。

↓ つづきを見る


これは、「技術」というよりも、わたしにとっては『世界の理解』というべきものです。(ん?なにそれ?って聞こえてきそうですが。。)

(これこれを学べば、それをこういう時に使う、というようなテクニックの類いのものではないのです。)

それは、同時に自分を知る探求でもあり、、ホントにすごい世界が同時並行してあるのです。

。。。

実際にこの領域でワークをしていると、「こんなことが起こるのだ」という不思議な体験をよくします。

受け手のみなさまも不思議だと感じられるようですが、わたしもその結果と起こる事象には不思議だ。と感じることがあります。。

こんな世界があったのだ。。

・・・ この世界に限界を感じている方、



この日常の知覚レベル以外の繊細な層が、世界にはあるのです。

そこを探求していく、その道の途上にわたしはいます。たぶん、一生をかけて探求していく道です。

 

※詳しくは「クラニオセイクラルとバイオダイナミクス」ページをご覧ください。

 

ミニコラム①
高村光太郎の詩

↓ つづきを見る


手紙に添へて

どうして蜜柑は知らぬまに蜜柑なのでせう
どうして蜜柑の実がひつそりとつつましく
中にかはいい部屋を揃へてゐるのでせう
どうして蜜柑は葡萄でなく
葡萄は蜜柑でないのでせう
世界は不思議に満ちた精密機械の仕事場
あなたの足は未見の美を踏まずには歩けません
何んにも生きる意味の無い時でさへ
この美はあなたをひきとめるでせう
たつた一度何かを新しく見てください
あなたの心に美がのりうつると
あなたの眼は時間の裏空間の外をも見ます
どんなに切なく辛く悲しい日にも
この美はあなたの味方になります
仮りの身がしんじつの身になります
チルチルはダイヤモンドを廻します
あなたの内部のボタンをちょつと押して
もう一度その蜜柑をよく見て下さい


***

高村光太郎の詩。これは、まさに、バイオダイナミクスの世界観だと思います。
いま、そこにある、背景に、常にあるもの。そこには真実の力が、流れています。

。。。


 イールドワーク

  • イールドワークとは『間合い』『共鳴』『場、フィールド』を大切にしたワークです。

施術者の世界観とは、

↓ つづきを見る


『共鳴』という意味についての補足

『共鳴』とは、同化とか同情といったものとは別物です。

・「同化、同情」とは相手と一体化し、混ざっている状態。自分を見失い、客観的視点を失っている。施術者として相手の身体の声を聞くことができない状態。自分の思うがままに施術してしまったり、相手の言うことを聞きすぎてしまったり、身体の叡智ではなくエゴで施術が進んでしまう。本来の道筋から離れていってしまう。

・『共鳴』とは、相手と私は別の存在。互いに中心をもち、独立した存在だが、そのフィールドの中でお互いに関係性を持って対峙している。互いに混ざることなく、純粋性を保ち客観的視点に立って施術している。相手の本来の姿、本来の道筋に沿って施術する。まるで何かもっと高次の存在、身体の叡智に支持されているかのように。

===================================
以下、 『整体。共鳴から始まる(片山洋次郎著)』から一部抜粋です。この方はロルファーさんではありませんが、施術の世界観は私のワークと共通する部分が多くあります。

p35
自分と相手という限られた場での共鳴というふうに意識してしまうと、間合いをとることが難しくなる。
もっと大きな場の共鳴の中の一部として、自分と相手がいるかんじになれれば楽である。



”共鳴”によって新たに身体が向かう方向というのは、身体が潜在的に向かいたい方向である。身体の勢いのおもむくままどこへ向かうかは、その人の自由であり、身体そのものの判断というべきもので、・・・。それを何らかの価値観によってコントロールしようと思えば意識は濁り、共鳴そのものを阻害する。

◇ ◇ ◇

下記、プラクティショナー(施術者)でないとわかりにくいかもです。。

P33
理想的には互いに共鳴してゆくことによって、双方の共鳴の障害になっている部分が融解して、全身の中の共鳴的な部分に素直に変わってゆくということ



相手の「悪い所」を探そうとしてしまうということがある。そのことに集中してしまうと分析的立場で相手を観てしまうことになるので、そのこと自体が共鳴の障害になってしまう。
相手の「何か」が見えるという感覚は完全な共鳴状態から見れば、自他分離の二元的状態へのズレを意味している。



身体の観察ということは、共鳴(一元化)と観察・客体化(二元化)の往復運動である。



ここで何かが見えてくるということは共鳴を元にしている

自他の間に「第二の自己」が立ち上がる感じで、自分でも相手でもない自分、あるいは自分でもあり、相手でもある自分がそこにある感じ

何かを見るということは、強いていえば自己とそこに立ち現れる「第二の自己」との差異を解釈するということをやっているように思える。



以下、またまた『整体。共鳴から始まる(片山洋次郎)』からの引用です。

気的コミュニケーション=共鳴力

それは自己を強く持とうとしたり、人を支配しようとするほど弱くなり、自己を希薄にするほど強くなる。

共鳴する力は目に見えないから、そういう力をもっている人たちは単に役に立たない人と見られている場合が多いし、一人の人の中でそういう側面は評価されない。

そういう力をもっていて知らないうちに人を元気づけている人があるのだが、評価されないばかりではく、無意識的に拒絶されることも多い。
逆に「役に立つ」「自己主張がある」という人は、存在感があって目立つが、共鳴力は弱く、緊張関係を生み出す。

  

  • 開かれた可能性、セッションに臨む姿勢とは、

↓ つづきを見る

ゆらぎ、命の始まるとき。

まだ何も始まっていないが、何かがある。そのフィールド。

きっかけを待ち、ただ存在の準備に満ちている、揺らぎの場。

そこには、場・フィールドの意志に満ち、何かのきっかけで

何かが始まろうとしている。あらゆる可能性が有る。



ロルフィングといえば、『筋膜』です。しかし、、

イールドワークでは、(わたしの場合)
実は『筋膜』というものを中心に置いてはいません。
『筋膜』も含めて考慮している、という感じでしょうか。

ちょっと一般的なロルフィングとは違うアプローチかもしれません。

こうすれば、こうなる。という原因と結果が直線的に繋がっているワークではなく、

入力された情報を元に、どういう経路でどんな反応を身体がするのか。

それは、ブラックボックス(こちらからは伺い知ることのできない、隠された経路。)です。

つまり、可能性は限定されていません。

そのとき、何か不思議なことが起こる余地、スペースが生まれるのです。

(それは、身体の選択です。より安全で身体の意志が尊重されたワークです。)

わたしたちの身体は、あらゆる可能性に満ちています。

原初の地球。まだ命の生まれる直前の海。
可能性の『海』。
まさにそんな表現が合っているでしょうか。。



どういう姿勢でセッションに臨むのか。

こういう筋膜の繋がりで、こうなる。とか、
気はこちらから流れてこちらにいくから、次はこういう反応になるだろう。とか、

そういった思考は可能性を限定してしまいます。
もったいない。。

あらゆる可能性に向けて開かれていること。

それは、施術者だけでなく、クライアントさまにとっても同様です。

思考は可能性を限定します。

ただ、現在に気づきをもっていること。
そのとき、、、つぎに何が起こるのか?

 

※詳しくは「イールドワーク」ページをご覧ください。


 わたしのロルフィングについて

 

ロルフィングでは、2つの効果から変化を促していきます。

  • 『手技(イールドワークとバイオダイナミクス)』による変化。
  • 『ロルフィング』による変化。 

↓ つづきを見る


2つの流れによる変化とは、

・一つは、手技による変化。

私のロルフィングで使用する手技は、主にイールドワークとバイオダイナミクスからの影響を受けています。 これらの特徴は、深い無意識の領域での変化を促す、深い休息の中で癒しを導く、という効果があります。

この手技単体でも深い変容の効果があります。

・もう一つが『ロルフィング』です。

ロルフィングとは、各セッションの内容が決まっており、その手順に従うだけで、身体は調和に向かうように組み立てられている。そんな考え抜かれた身体理論による一連のプログラムです。

ロルフィングには、10回の施術を実践をすると構造が整う、という力があります。

**

つまり、ロルフィングの効果と、手技による効果、その二つが私のロルフィングには込められています 。 

 

私の考えるロルフィングとは

 

型に嵌めていくのが、ロルフィングではない。と思います。しかし、ロルファーによって

ロルフィングのやり方にも大きく2つのタイプに分かれるようにおもいます。

 

 

①セッションの目的=ゴール。(理想の姿に当てはめていくやり方。一般的なロルフィングの考え方。)

②セッションの目的=スタート。(自然な姿に還っていくやり方。私の考え方。)

 

↓ つづきを見る


たとえば、セッション4、、メインの目的は骨盤底の解放。「寛骨に触れ、恥骨結合と仙腸関節に揺らぎをもたらせ、自由な呼吸が通るようにする。それが、骨盤底の解放の条件。」


・①型に嵌めていくロルフィング

目的の構造を調整する。ここでは、寛骨に触れます、、そこから目的の構造である恥骨結合と仙腸関節にフォーカスをして、そこに変化をもたらす。。施術者の意図が受け手の身体の中に入っていく、、これが、施術者の意図のもと、行われる直線的なやり方、「セッションの目的=向かうべきゴール」ですね。

(これが一般的なロルフィングのやり方、「理想」に向かっていくのに良い方法だと思います。
パフォーマンスをあげたい、など身体を作り上げていくにはいいと思います。)


・②私のロルフィング

まず、一旦向かうべきゴールで占められた頭の中をニュートラルにします。まっさら、新しいページをめくるように。。上記①と同様に寛骨に触れます。(ここまでは見た目は①と同じですね。)そして、手の中にどんな情報が入ってくるのか、、待ちます。受け手の中に入っていかない、、すると、セッションでフォーカスすべき構造(ここでは、恥骨結合や仙腸関節)とは全然別の構造に注意がむけられます。そこが捻れているに気づく、、そこに働きかけることで目的の構造(ここでは、恥骨結合や仙腸関節)が解放されるので、その場所に働きかける。。そのように、受け手のシステムから教えてもらうことでセッションは進んで行く。。「セッションの目的=入り口。」ですね。これが私のロルフィングのスタイルです。

(このやり方では、①のように理想に向かって一直線に行くというよりは、身体の今、求める癒しを身体の求める順番に行っていく、、。理想に合わせていくのではなく、都度必要とされる小さな解放を行っていく、、その結果として、「自然な姿」に近づいていく、、というやり方ですね。

身体を作り上げるというよりは、自然な姿に近づいていく、、結果として自然とパフォーマンスは上がっていく、、というやり方だと思います。)

 

 

私のワークには、2つの意識状態が存在します。

  • 眠らずに意識を保った状態。
  • 眠ってしまい、意識でわかろうとすることを放棄した状態。 

↓ つづきを見る


・眠らずに意識を保った状態では、

 受け手が観察者となり、学習するという領域での変化です。
 ロルフィングの教育的側面の領域です。


・眠ってしまう、無意識の状態では、

 ご自身の身体の観察者を完全に放棄した状態。無意識の領域での変化です。
 このとき、より深いレベルでの変化が起こります。バイオダイナミクスの癒しの領域です。

**

どちらがよい、ということではなく、場面により選択して施術しています。 手技や目的により、扱う変化の領域が異なる、ということですね。

**

※ロルファーさんの中には、眠ってはいけない、という方もおられますが、 その方と、私のセッションでは扱っている領域が異なります。

※私のワークでは、バイオダイナミクスに影響を受けていたりイールドワークなどの手技を使用しているため、 ただの筋膜や筋肉など組織を外力により変形させる以外の力の働きを促しています。

それには、通常とは違う意識状態、眠っている状態に移行していることが必要な場合が多くあります。

**

眠っていただいた方がよい理由の一つですが、

観察者はひとり、であることが必要な領域があります。 つまり、施術者のみ。受け手が観察者となってしまうと、変化の流れが2つできることとなり 身体のシステムでは混乱が起こり、深く入って、プロセスを進めることが難しくなってしまいます。

ですので、(ある場面では)眠っていただいた方が良いのです。

※ロルフィングでは、眠らない方がいい領域ももちろん扱っていきます。

**

量子力学、でしたっけ、それほど詳しくないですが、、観察者の態度によって、実験の結果が変わる。というのがありますよね。どうやって対象を見るか、それだけで影響されるのです。現実に(特に繊細な世界では、)。

 

 

わたしはなぜ一般的なロルフィングの手技である強い持続圧を辞めたか

 

  • なかなか変化を促すことができないことを経験してきたから

↓ つづきを見る

かつては私も強い持続圧を用いていたことがありました。ロルフィングに出会う前は、指圧のように親指や肘を使って圧力をかけほぐすという整体師として働いたこともありました。その経験から私には強圧で組織を柔らかくするというのはなかなか難しい。ただストロークしただけでそれほど変わる訳がない。という思いが元々ありました。

そしてYielding Work(イールドワーク)という手技に出会い、変化の要因にはもっと大切なことがあることを知りました。

そもそも強圧は必要なかったのです。より安全に、よりクライアント様主体に、安定した変化へと導くことができます。

 

  • 他人に自分を変えられるということには納得がいかないから

↓ つづきを見る

これまで何とかかんとか生きてきた自分を、他人に簡単に変えられたくはない。そんな解決があるはずはないから。

身体との対話。身体自身がどうするのかを決めること。施術者の思い通りに身体を変形させるのではなく、身体にただ提案していく、その積み重ね。

他人にその人を変える力は与えられていません。変化を選択するのはあなた(身体)です。

 

 

ミニコラム②
ひとつのピースだけ変えようとしても変わらない、周りが変わらなければ。。変化への余地、つまり揺らぎの『スペース』があること。

↓ つづきを見る


身体の構造として、次ようなモデルがあります。


・組み上がったバズル。それぞれのピースの繋がり。。全体でひとつ。

・このピースのうち「一つだけ」形を変えようと思っても、周りのピースが全て変わり、変化へのスペースが確保できないと元の形に戻ってしまいます。変化への余地、可能性とは全体の中で生まれてくるのですね。

・何かが変化をするためには、すべてのピースが変化をする必要があります。全体を見なければなりません。



わたしと一般的ロルファーとの違い

私が感じる一般的なロルファーと私の違い。勉強会などを通して、ああ、違うんだな。。と感じることがあります。特に私の場合はバイオダイナミクスの学びを通して、人とは、命とは、、この世界の真の姿とは、、ということをワークの中心にしているからだと思います。

 

  • 手技が違います。

私のやり方:軽く触れるだけなので、服を着たまま受けられ、痛くない

 

↓ つづきを見る


・一般的ロルファー:強圧の持続圧、服を脱いで受ける。
・私のやり方:軽く触れるだけなので、服を着たまま受けられ、痛くない。


一般的なロルファーは、強圧の持続圧を用い、素肌をスライドして筋膜を伸ばします。このため、服を脱がねばならず痛かったりするようです。

私は、軽く触れるだけで身体が知覚により自然と変化していく自己治癒力を導きます。ですので、痛くはなく服を着たまま受けられます。

(例えば、寒ければ自然と鳥肌が立つでしょう。身体は知覚により自然と自己調整を始めます。)

 

  •  ロルフィングの捉え方が違うようです。

 私のやり方:過去に受けた歪みを解放していく、姿勢や動作は自然な姿になっていく。生命力の発揮された姿へ

 

↓ つづきを見る


(どちらが正しいというのではなく、特徴として差があります。)

・一般的ロルファー:正しい姿勢を達成していく、さらに上のパフォーマンスに作り上げていく。理想の姿へ。
・私のやり方:過去に受けた歪みを解放していく、姿勢や動作は自然な姿になっていく。生命力の発揮された姿へ。


軽く触れるだけの手技を用いるロルファーは数は少ないですが少しはいますし近年増えてきているようですね。しかし、その中でもほとんどの方は、理想とする目的に向かって身体を矯正していくことを意図して施術しているように思われます。(勉強会などで接しているとそのように個人的には感じます。)それは、ロルフィングの成り立ちとして(目的を達成していくのがロルフィングなので)一見当たり前のように見えますが、身体は矯正である場合、深いところでそれを望みません。

私の場合は、各セッションの目的があっても、身体の想いに沿って変化を促していきます。身体のラクな方向、行きたい方向、過去にやり損ねた動きを完結させる、、など。

(トラウマ、、たとえば、事故で本当は右側に身体を捻りたかった、、それを完了できなかったとき、身体はその準備をし続けています。右に曲がっているから左に力を加えて治す、、のではなく、一旦さらに右に行かせてあげて身体の想いを遂げさせてあげる、、すると気が済んだらその準備をやめ、身体は中心に戻ってきます。)

ですので、大きな違いとして、、施術者の意図で受け手の身体を変えようとするのか、、それとも、受け手の身体の想いを尊重し、自然な姿に還っていくのか、、(その姿が生命力の現れなのだと思います。)その違いがあります。

つまり、より力を発揮できるような理想的な構造に持って行くやりかた(一般的なロルファー)でパフォーマンスをあげるのか、それとも、より自然な身体に過去の歪みを解いていき自由になっていく方向性(私のやり方)なのか(パフォーマウンスをあげることに焦点は置いていませんが、身体の歪みや縛りを解いていくので、必然的にパフォーマンスは上がっていく)、、その差があるようです。

どちらもアプローチとして正しいと思いますが、違いは存在しています。

・一般的ロルファー:姿勢を矯正し、パフォーマンスが理にかなっていく。より上のパフォーマンスに作り上げていく。
・私のやり方:姿勢は自然になっていく、その結果としてバフォーマンスが上がっていく。身体の自然なパフォーマンスに至る。

 

 

 

ミニコラム③
何かを付け加えることはできない、、手放していくこと。。本来の姿へ。

↓ つづきを見る


先日、ロルフィングの施術をしていて、、これから受ける方に伝えておきたい、と思ったことがあります。


ロルフィングとは、10回で構成されていますが、
回数を経る毎に、何かをこちらから付け加えていっている、のではありません。

どちらかというと、外していっている。


どんどん。いらないもの、こだわり、こわばり、がんばり、、おもいこみ、おわったできごと、もうやめていいこと、おわった防御反応、おわった攻撃反応、おわった恐れ、、、


そして、気づく。


失われていたものの発見、忘れていたもの、失っていたもの、もう大丈夫なもの、もうおわったのにまだ目を背けていたもの、


を、 取り戻す。


そして、全体としてのわたし、ひとまとまりの全体のわたし、に戻ってくる。

本来の姿に、、。


それが、ロルフィングでやっていることです。
何かを付け加えているのではありません。