私のワークと考え方


 このページの目次

私の考え方

私のワーク(私の手技、他のロルファーさんとの違い)

これまで学んだワーク

 

私の考え方

すべての人は回復する力を持っています。どんなに絶望的な状況でも身体の奥深くには健康になろうとする力が流れていると思います。それが表現できるように手助けすることが施術者の仕事であり、施術者が身体を治すのではありません。

 

  • 身体はそれ自体に回復への力がある

 

すべての人が持って生まれた、あらかじめプログラムされた純粋な回復へのプロセスのようなものです。身体の奥深くに流れている静かなリズムのようなもの。その深い場所では自己のヒーリングのプロセスが始まり本来の自己への調整が始まる。 これは発生学的な考え方から来ています。そこからさらに学びを続けるうちバイオダイナミクスの考え方に非常に惹かれています。

 

  • 変化は少しずつ積み重ねられる

 

急激な変化は身体に吸収・統合されません。急激な変化は一時的にはとても良い感じがしますが、むしろ逆効果となります。身体は少しずつ変化していきます。身体に流れる時間は現代人の日常と比べるととてもゆっくりです。ゆっくりゆっくり見守ってあげましょう。バランスが悪いなというとき、ちょっとしんどいときは焦りすぎているのかもしれません。大きな一歩で先の目標を追うより、今、着実に歩みを刻むのはいかがでしょうか?これはソマティック・エクスペリエンス(略して「SE」)のセッションを受けてきた経験から来ています。

 

  • 「場」の大切さ

 

変化の場と日常の場は異なると思います。日常の場では人はパターンの中で生きています。変化の場とは静けさの中で新しく何かが生まれるような場だと思います。現実に耳を澄ませ、今起こっていることに気づくこと。パターン化された過去の縛りを解いていく。日常の世界から少し離れ、普段は意識されない自身の繊細な身体感覚の世界へ入っていきます。そこでは身体との対話が始まります。

 

 

  • 誰かが誰かを「変える」ことはできない

 

基本的に他人がその人を『変える』ことはできないと思っています。それは良心からこうなって欲しいとの思いからその人を説得しようと、それは絶対にどう考えても正しいことであってもです。その人が(その人の身体が)一番わかっていると思います。他人にできることは、その方向への道、出口の可能性をお知らせすること。そしてその選択肢を実際に選択するかどうかは100%その人ご本人が決めることです。もし、その出口がその人本人が本当に求めているのならば、こちらが無理矢理つれて行くことはまったく必要ないことです。そのご本人はこれまでそれに飢えてきたと思います。ご自分で全力で進んでいくことでしょう。そのための変化はそのご本人が起こすことです。その出口をお知らせするとき、その選択肢の前でその人ご本人が100%の自由な状態であることが大切だと思います。その人がその場が安全であると感じられること。それには案内人の姿勢が大切だと思っています。ボディワーカー(施術者)とは案内人のようなものだと思っています。

 

 

ミニコラム
何かを付け加えることはできない、、手放していくこと。。本来の姿へ。

↓ つづきを見る


先日、ロルフィングの施術をしていて、、これから受ける方に伝えておきたい、と思ったことがあります。


ロルフィングとは、10回で構成されていますが、
回数を経る毎に、何かをこちらから付け加えていっている、のではありません。

どちらかというと、外していっている。


どんどん。いらないもの、こだわり、こわばり、がんばり、、おもいこみ、おわったできごと、もうやめていいこと、おわった防御反応、おわった攻撃反応、おわった恐れ、、、


そして、気づく。


失われていたものの発見、忘れていたもの、失っていたもの、もう大丈夫なもの、もうおわったのにまだ目を背けていたもの、


を、 取り戻す。


そして、全体としてのわたし、ひとまとまりの全体のわたし、に戻ってくる。

本来の姿に、、。


それが、ロルフィングでやっていることです。
何かを付け加えているのではありません。


私のワーク(手技)

他のロルファーさんたちとの違い

私のロルフィングは他の一般的なロルファーさんとは大きく異なるようです。

※私の使用している手技「イールドワーク」と「バイオダイナミクス」の特徴と、その世界観や思想に私のロルフィングの秘密があります。

↓ つづきを見る


過去に別の方のロルフィングを受け、最近私のロルフィングを受けに来られた方は「全く別物」という感想を抱き、新たな変化のステージを不思議な驚きとともに体感してくださっています。何が他のロルファーさんたちと違うのか、いくつか説明していこうと思います。

 

 

(1)手技が違う、軽く触れるだけ。

私のロルフィングの特徴は、『服を着たまま受けられ、痛くない』ことです。

軽く触れるだけですので、ムリのない自然で調和した変化を導くことができます。

↓ つづきを見る


一般的なロルファーさん、強圧で痛い。
一般的なロルファーさんは、強圧で皮膚をスライドさせる手技を使います。(※服を脱がねばならず、痛いということで有名なようです。)

私の手技、軽く触れるだけ。
軽く触れるだけで変化を起こすことができる、というのは一般の方にとっては不思議に感じるかもしれません。しかし、これは特別な超能力のようなものを持っていなくてもできる、超繊細な手技「イールドワーク」と「バイオダイナミクス」です。 (※軽く触れるだけですので、痛くない。服を着たまま受けられます。

 

(2)体の自然な在り方を尊重する。

私のロルフィングでは、受け手のカラダを矯正しようとはせず、自然な在り方を尊重します。

受け手の体の方にこそ叡智があり、変化をするための知性があります。

↓ つづきを見る


ロルフィングには、レシピがある

ロルフィングにはレシピがあり、その目的を達成していくことで体の構造を整えていきます。ここでありがちなのは、施術者が受け手のカラダを目的の形に当てはめ変形していくことですが、私はこれには反対です。

受け手の体を100%尊重する、イールドワークとバイオダイナミクス

イールドワークとバイオダイナミクスは、施術者の意図で受け手の体を変形させることは全くありません。受け手の体の自らの変化を尊重し、受け手自身の体が自然と癒しを達成してく。受け手を100%尊重した手技です。私のロルフィングはこれらの手技により成り立っています。そこでは、矛盾の起こらない真の体の変化、驚くべき叡智を見せられます。

  

(3)(私の手技①)イールドワーク、自然な変化を促すことができる

私のロルフィングの手技の一つ、「イールドワーク」。

変容のための「場」の設定を大切にし、自然な体の変容を促します。

↓ つづきを見る


イールドワーク、受け手の可能性は全方向に開かれている

イールドワークは軽く触れるだけで受け手の「自己調整」の力を引き出し、受け手自身が内側から変化していくことを助ける手技です。ここでは、施術者は単にきっかけを与えるだけで、受け手のカラダが変化の道筋を決めていきます。施術者の意図で変形されることはありません。

レシピの目的は、自然と達成することができる

ここが私と一般的なロルファーさんの大きな違いだと思いますが、ロルフィングのレシピを使うとき、目的の変化をどうやって促すことができるのか?受け手の変容への可能性を全方向に開いた状態で、施術者の意図を徹底的になくして施術するのに、目的は達成されるのか?これは一般的なロルファーさんには信じられないようなテーマだと思います。ここで、それ(施術者の意図なしで、目的の変化を導く)を矛盾なく達成することができるのは、イールドワークの能力のためです。つまり、イールドワークで設定された変容のための「場」ができているためです。

変容のための「場」、真の変容が起こる

信じられないかもしれませんが、その「場」の設定が正しくできている時、その変容のための「場」に沿った変化が体には「自然と」促されていくのです。それは、施術者の意図で変形させるのとは全く違った質感、結果を生みだします。施術者の思いもしない体の感動的な変化、想いを遂げ、トラウマを解消していく、、そんな真の変容が起こってくるのです。それは、本当にすごい、体の叡智を見せられます。

 

(4)(私の手技②)バイオダイナミクス、病変は解消される

私のロルフィングの手技の一つ、「バイオダイナミクス」。

体の叡智に触れ、真の癒しを導きます。

↓ つづきを見る


バイオダイナミクス、命の力が現れる

そして、近年の私の手技で重要な役割を果たしているのが「バイオダイナミクス」です。こちらは9年間に及ぶ学びで、技術というよりはこの世界の理解、真実の癒しの導きにより体の病変を解消していく、というものです。

体の現実を、超繊細な世界で捉えている

バイオダイナミクスの特徴的な世界を少しご紹介しましょう。例えば、呼吸。体は肺呼吸をして一定のリズムで呼吸をしていますね。この呼吸を超繊細な身体感覚で捉えると、さらに幾つかのゆっくりとしたレートで体は呼吸のようなリズムを持っていることに気がつきます。

命の呼吸

そして、その呼吸とは空気を吸って吐いているというのとはまた別の呼吸であると、比喩的に表現するとした時、『それはどこかからやってきて、体の正中線を通って吸われ、そこから放射されるように吐き出されている』と表現することができます。これを仮に命の呼吸と呼びましょうか。

(この比喩は、肺呼吸にも当てはまりますね。空気の出入りではなく、呼吸とともに全身に肺の運動は伝わります。吸気とともに体の中心から広がり、呼気とともに萎む。)

呼吸が病変を解消していく

その命の呼吸が体の中心軸から放射して広がっていく時、途中にある歪みや病変を解消していくことがあります。施術者が外側から体を直そうとエネルギーを注ぎ込むのではなく、もともとある呼吸が病変を解消していく。つまり、内側ら外側に広がってくる癒しの力を待つような施術です。

(もちろん、これは一例にすぎず、施術はこれ以外にも様々な方法でワークしています。)

受け手に備わる繊細な自己治癒力の発揮

このように、バイオダイナミクスの施術では超繊細な身体感覚を使い、受け手の体にもともと備わっている精妙な癒しの力が発揮されていくような施術をしています。※軽く触れているだけですが、エネルギーワークではなくリアルな身体感覚を使った自己治癒力を促す施術です。

命と世界の探求、一生をかけて探求していく世界

バイオダイナミクスの世界、、命と世界を知る旅のような、、そこに私は魅了され一生探求していくつもりです。詳しくは「 バイオダイナミクスの世界観 」ページをご覧ください。

ミニコラム
病変、歪み、、それらは敵か?

↓ つづきを見る


病変とは、歪みとは、、
それらを作り出したものは一体何か?


それは、実は『健全』です。


病変、歪みとは『真の健全』から生み出されてきたのです。。私たちを守るために。

健全とは、病変とは、、。(バイオダイナミクス、ロルフィング、から見た世界。)

バイオダイナミクスの考え方では、
病変、歪みを作り出してくれたものは『健全』と捉えています。

どういうことか。


。。。


たとえば、車と衝突したとして、ぶつかったところに衝撃が加わります。

(人間の身体は、力学的に考えると、バラバラになってしまうような衝撃がかかるそうです。)

バラバラになるような大きな衝撃に、耐えるために、健全がそこに歪みを作ってくれる。衝撃を吸収し、 全体としてのシステムをなんとか保つように働いてくれる。

歪みを作ったのは、健全。

それゆえ、歪みの元、その中心には静寂があり、
そこは健全に繋がっている。


。。。


歪みの「背景」にある、健全にまで降りていくことで、歪みは解放されます。

つまり、歪みそのものを、見て、なんとかそれを変えるのではなく、 その原因となる健全を見つけに行くこと。

これが、バイオダイナミクスの方向性です。もっとも大切なこと、問題ではなく、健全を見つける。

これだけです。

そうすると、施術者やその人の意図で変形させるのではなく、 その健全の領域で静かに待っているだけで、自然と、解決していく。その治癒力が身体にはあります。

それは、ただ解放され部分が全体から浮いた状態となるのではなく、 部分として、孤立していた歪みが、解放されると同時に、全体に含まれ、全体に還っていく。全体と調和していく。

これは、「統合」です。


。。。


統合とは、全体が調和した状態。

調和しているので、元に戻らない。

調和しているということは、新しい段階に移行していること、いつもとは違う身体になっているということ。

それは、何かを付け加えられた、身体ではなく、施術者に教え込まれた、身体ではなく、誰かに作られた、身体ではない。

より自然に、本来のまっさらな身体の、健全さに近づいていく、あなた本来の姿に近づいていくこと。。

***

ロルフィングでは、どうか。

やはり、歪みそのものを、なんとかしようとはしません。

歪みや痛み、そのものを扱うのではなく、その背景である、身体の調和、重力との調和、を扱います。

どういうことか、

。。。

イメージしてみてください。

様々な、歪み、いーっぱい、表面に浮かんでいる。あるいは深層の組織に、浮かんでいる。
それらを、ひとつひとつ扱うか?
キリがない。

それらの歪みが浮いている、その土台、その下にある本質の状態を、整える。

土台の整った身体。その上に浮いていた無数の歪みは、その依存していた土台が変わり、安定して均質になっていく。

ひとつひとつを扱うのではなく、土台となる、身体の構造。を扱う。

つまり、重力と調和した身体に近づくほどに、自然と問題は解決していく。

ロルフィングとは、
まさに、調和、身体の『統合』を扱うボディワークです。

***

一方、世の中には、トラウマ、傷、歪み、を扱うが、

その際にでてくるドラマに一喜一憂するものが、インパクトあるし、早いし、わかりやすい、流行る。

出てくるものに、みなさん飛びついて、驚いて、大好き。

でも、それ、キリないですよね。

あらゆる、傷を、トラウマを、歪みを?

どれだけ時間がかかっても、終わらない。

トラウマ遊び。。

解放、それ自体が目的では、終わらない。

統合されること。それが大切。

***

解放され、出てくるものに一喜一憂するのではなく、

『統合』されていくことが大切。

統合とは、部分が孤立したり、バラバラではなく、
あらゆる部分がその他のあらゆる部分と関係し、連動して滑らかに動ける。

全体につながりがあり、まとまり、統一感のある感じ。

安定感がある。落ち着いている。そんな感じ。


これまで学んだワーク

私のロルフィングに大きな影響を与えたワークたちです。基本的に体の中にもともと備わっている生命体としての回復力、つまり『自己調整』の力を促す、受け手の体を尊重したワークです。

 

ミニコラム
自己調整の能力、体には常に回復しようとし続ける力が働いている。

↓ つづきを見る


自己調整の能力とは、簡単な例を挙げてみると

例えば、寒かったら鳥肌が立ったり震えたり、、体温を自然と調整する能力。

このように体は本来の機能が正常に働いていれば(誰かが外からコントロールしようとしなくても)内側の調整能力が働き、体は常に正常な状態に戻っていきます。

体には自己を調整する能力がもともと備わっています。施術者が外側からコントロールするのではなく、体の内側からの回復力を促すことができれば、それは一時しのぎの対処療法ではなく本当の回復となります。


ソマティックエクスペリエンス(トラウマワーク、神経系を扱う)

トラウマとは心の傷ではなく、体に溜められて放出され損ねた衝撃や混乱のエネルギーです。それは動物としての人間が常に脅威に直面した環境に放置されている状態と同じ。その未解放のエネルギーが解放され、体が正常に戻ってこられれば、トラウマは解放されています。

↓ つづきを見る

体からトラウマを解放する

会話(思考や感情)ではなく、身体(神経系)から蓄積されたトラウマを解放する根本的な解決となるワークです。ソマティックエクスペリエンスで神経系からトラウマは解放される。そして、ロルフィングなど体の根本を扱うワークは、神経系に限定されず全体的な解放と統合ができると信じています。

変化には許容量がある

体が受け入れられる変化の量には限りがあります。どこまで施術して大丈夫か見極めが大切です。


一気に大き過ぎる変化を強制した場合、逆効果で体はトラウマ化されてしまいます。適度な量を少しずつ少しずつ、、本当の変容とは見た目に派手にわかるものではなく、日々の背景で静かに進んでいき統合(吸収)されていくものです。


動きたい衝動とトラウマの解放

体に溜まったトラウマのエネルギーが解放されるとき、動きの衝動がでてくることがあります。


意識的に手足を動かしたり首を回したいとか、或いは、勝手に手足や首が動き出すとか、、深い眠りの意識状態で筋肉の痙攣や顎で噛むような動作や口の動きが出てくることもあります。 過去にやり損ねた未完了の動作、それらの衝動のエネルギーを解放させてあげること、、


トラウマがギフトとなるとき

逃げる・闘うなど、、例えば、転倒の際に地面に手を着こうとしたけれど瞬間の出来事でそれができなかった、、体はその時のエネルギーを完了できず、ずーっとその手を着くという動作の準備をし続けている、、


未完了の動作、それに消費され続けていたトラウマのエネルギーの解放。それはつまり、その余分に(24時間つねに)強いられていたエネルギーの消費がなくなり、その分自分の活動のエネルギーに転化されていく、、余裕があり楽になっていく。トラウマとは、それが解消され本来の生命エネルギーに転化された時「ギフト」となるのですね。

※詳しくは「 トラウマワーク 」ページをご覧ください。

 

ロルフムーブメント(動きを扱う)

ロルフィングには10シリーズの他に、動きに特化したワークがあります。その資格をロルフムーブメントといいます。私はブラジルでのトレーニングで取得しました。

↓ つづきを見る

ムーブメントには大きく二つの系統に分けられると思います。ひとつが、普通の運動のような体を動かす、または使い方を学習するような方法。もう一つは知覚を通して気づきを与え、自然と体が変わっていくようなやり方。わたしはどちらかというと後者のタイプです。わたしのロルフィングのセッションでも知覚を通した空間と体の関係性を提示したり、或いは実際に動きを通して座り方やものの持ち方を提示したりすることがあります。

※詳しくは「 ロルフムーブメント 」ページをご覧ください。

 

イールドワーク(間合いと空間を扱う)

細胞が発達する条件である、重力に委ねること。と、命の始まりの条件である揺らぎの状態。その「場」を作り出すことで体の内側からの変化を促します。

↓ つづきを見る


施術者がどのように受け手の体を見るか、、どのような「場」で施術をしているか、、。とても繊細なワークです。施術者が『変えようとすると変わらない。』受け手の内側からの変化しようとする回復力、生命力を尊重することがワークのキーとなってきます。

※詳しくは「 イールドワーク 」ページをご覧ください。

 

バイオダイナミクス(人間存在の全体を扱う)

もっとも深い領域を扱うワーク、私のロルフィングの根幹に流れるワークです。美しい世界が存在していることを知らせてくれます。

↓ つづきを見る

命の力に沿う、、施術者の意図や作戦で体を思い通りに変えようとするのではなく、、そこに、、あなたの体にはすでに回復のプロセスが(どんなにしんどくても、かすかでも)生きている限りすでに治癒の力が働いています。治療家が新たに治療を引き起こすのではなく、すでにそこにある治療の力をサポートしそれが広がり表現されていく、、私があなたを変えるのではなく、あなたがあなたの命の表現を展開していく、、。そこはただただ神聖な世界です。命の深淵をみせてくれる。そんなワークです。美しい世界が日々の日常と並行して存在していることを知らせてくれます。

※詳しくは「バイオダイナミクス」ページをご覧ください。

 

クラニオセイクラル

私のクラニオセイクラルワークとして提供しているワークは、バイオダイナミクスに影響を受けています。

↓ つづきを見る


わたしはクラニオセイクラルバイオダイナミクスを数年にわたり学びました。しかし、クラニオセイクラルバイオダイナミクスとは、本質に届いていないワークだった、本当のワークはオステオパシーの真髄である『バイオダイナミクス』でした。その学びは9年間に及びます。

※詳しくは「クラニオセイクラル」ページをご覧ください。